ニュース

政党『支持政党なし』の代表が語る今後 ――万が一、我々が与党になったら日本がおかしくなりますよ(笑)

 10日に投開票が行われた参院選。結果はご存知の通り、自民党の27年ぶり単独過半数獲得に終わったが、その一方で、ある党のポスターが密かに注目を集めていた。

 その政党は「支持政党なし」。なんとも奇をてらった名前だが、どのような党なのだろうか? 今後、台風の目となるかもしれない同党について、代表の佐野秀光氏にインタビューを行った――。

――惜しくも初議席獲得には至りませんでしたが、まずは、今回の参院選の率直な感想を聞かせてください。

支持政党なし・佐野秀光代表

 もしかしたら1議席取れると思っていたので残念です。とはいえ、我々に投票してくれた64万人の方々には満足してもらえたのではないかと思っています。彼らの「支持政党がない」という意志自体は世に示すことができたので。

 街頭演説も渋谷や新宿、蒲田で行いましたが、好意的な声が多く、なかにはサインまで求めてくるような人もいました。ただ、ネットは厳しい意見ばかりで、現実との隔離を感じました。

――選挙運動や供託金の準備はどうされたのですか。

 今回、我々は10人の候補者を擁立しました。基本的に事務員はいないので、ポスター貼りも選挙カーの運転も、すべて候補者自らがやりました。主に昔から会社にいる社員や女房、親戚です。いかに効率的に10人を立てるのがひとつの壁でしたね。

――比例が2人、選挙区が8人だと供託金の総額は……。

 供託金は合計で3600万円ですね。これは政党というか私が個人のお金から政党に貸す形でまかないました。

――えっと、佐野さんにとってその額は問題ない?

 問題なくはないですよ(笑)。もちろん、大変です。大金ですが、でも、僕の価値観ではこのお金で一軒家を買うよりも、選挙で訴えたいという気持ちが強かったですね。

――獲得した64万票に”勘違い票”が含まれているという批判もあります。

 たしかに、「支持政党なしという党名が紛らわしい」という声はよく耳にします。ただ、我々は決して騙そうとしているワケではない。今回も投票所に行けば、政党名、略称、その横には候補者名まで書いてあります。”勘違い票”は100%ないと思っています。

次のページ 
奇抜なポスター戦略が注目

1
2
3




おすすめ記事