スポーツ

ブレット・ハートはショートタイツが大嫌い――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第129回

WW Eオフィシャル・マガジン

ブレット・ハートのイメージカラーはピンク。カナダの国旗の“赤”と“白”を水性 の絵の具で混ぜ合わせてみたら、きれいなピンク色ができあがった。ヒットマン自身 が自宅で子どもたちと遊んでいるときに発見した“運命の色”だった。(写真はWW Eオフィシャル・マガジン1992年11月号表紙より)

 “ヒットマン”ブレット・ハートのイメージカラーは、はじめからピンクだったわけではない。WWEと契約してから2年ほどが経過した、1986年の春ごろのできごとだった。カナダ・カルガリーの自宅で子どもたちといっしょに水性の絵の具でお絵かきをしているときにあるインスピレーションが浮かんだ。

 それはまるで天からのメッセージだった。パレットの上で赤と白の絵の具を混ぜ合わせてみたら、きれいなピンク色ができあがった。赤と白はカナダの国旗の色である。ブレットはそれがいままで探し求めていた自分のカラーであることを直感した。

 ピンクを基調としたリングコスチュームを新調してTVテーピングに持っていったら、ビンス・マクマホンは「これだ!キミに欠けていたものがこれなんだ!」と興奮した。その日、ビンスは「ブレット・ハート以外の選手はピンク色のコスチュームはNG」という“お達し”を出した。

次のページ 
ジム“アンビル”ナイドハートだけが例外として…

1
2
3





おすすめ記事