マネー

こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

『おかねのかみさま』50回めです。

今回も六本木SLOW PLAYで書いてます。

※⇒前回「KRUG」


〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
美熟女(熟) 美琴が働く銀座の高級クラブ「サーティンスフロア」のママ
村田(村) 健太が師と崇めるノウサギ経済大学の先輩。元出版社勤務
ママ(マ) 蒲田のスナック「座礁」のママ。直球な物言いが信条
沼貝(沼) 杉ちゃんの先輩ベンチャー経営者で株主。脅迫事件の対処に勇躍
薄井(薄) 「アリファン」創業メンバー。アリンコの著作権に3億円要求
学長(学) 名前の由来は「学長になってもおかしくない歳のオッサン」の略

〈第50回 かきぴー〉
翌日 22:05 銀座 サーティーンスフロア

「いらっしゃいませー♡あら!ぬまぬま!お久しぶり!」

「こんばんはー!」

「3名さま?奥の席用意するからちょっとまっててね」

「ありがとう!」

「沼貝さん」

「はい!」

「こんなところ来なくてもいいですよ。僕もう帰ります」

「いいから!ね、ほら、もう問題が解決したんだから、こういうときはちゃんと乾杯をしておかないと」

「…」

「おまたせしました♡こちらへどうぞ」

「ありがとうございます!」

「ひさしぶりねぇ!いろんなお店行ってるのは聞いてるわよー」

「めっそうもございません。こちら薄井さん。僕らが今度一緒に上場させる会社の創業メンバーの方です」

「あらすごーい!おめでとうございます」

「あ、いや、その説明はおかしいですよ。だって…ぼくもう…」

「いいんです!さぁ飲みましょう!KRUGお願いします!」

「あらうれしい♡ KRUGおひとつ大至急ね」

「カシコマリマシタ」

「こんばんは…」

「こんばんはー!沼貝ともうします。ぬまぬまって呼んでね。君おなまえは?」

「みことです♪ぬまぬまってかわいいですね」

「なにをおっしゃいますか。ミコトさんのほうがずっとお美しい!ねぇ!」

「…」

「ガミちゃん、グラスちょっと多くない?」

「ギク」

「あ、いいですよ!ボーイさんもよろしければぜひ!」

「イタダキマス!!!」

「あ、僕ちょっとでいいんで」

「アグリーです。じゃあこの少なめのやつね。みんな行き渡りましたか?いいですか?じゃあ、乾杯しましょうか。カンパーイ!」

「かんぱーい♡」
「かんぱい♡」
「ウェーイ!!!!」

次のページ 
同日 22:45 蒲田 スナック座礁

1
2

※連続投資小説「おかねのかみさま」第1回~の全バックナンバーはこちら⇒

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録




おすすめ記事