スポーツ

黒田と大谷がマウンドと打席で魅せた“会話”――黒田・大谷の8球、ダル・マエケンの10球「輪廻する肉体言語」

 ファイターズの4勝2敗で終わった、今年の日本シリーズ。惜敗したカープファンのまぶたには、今も黒田の力投が熱く残っているだろう。その黒田は引退登板を通して、我々にいくつかのドラマをプレゼントしてくれた。

北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ 公式サイトより

黒田博樹、引退登板でのドラマ


 まず黒田が登板したのがシリーズ第3戦。カープは本拠地で2連勝、流れを完全にしたまま札幌に乗り込み、王手をもくろんでいた。しかし対する崖っぷちの将・栗山監督は、意外な言葉を口にする。

「クロ(黒田)の力を借りることも必要」

 背水の陣にありながら相手のレジェンドピッチャーの力を借りるとは、どういうことなのか? 球界イチの野球バカ・栗山監督の言葉は、ときに観る者を置いてきぼりにさせる。日本一を決め、ビールかけの後に行われたインタビューで、栗山監督は己の言葉をこう解説した。

「1戦目・2戦目と、まったくウチらしい野球をさせてもらえなかった。ウチの選手たちはみんなクロとの対戦を純粋に楽しみにしている。だからクロとの対戦を通して、自分たちの野球を取り戻せてくれたら」

 結果、黒田に6回途中まで1得点と抑え込まれたが、中継ぎ陣を打ち崩し大谷のサヨナラタイムリーで勝利。ファイターズ野球を取り戻すことに成功した。

 そしてこの試合の大きな見せ場となったのが、打者大谷への黒田のピッチングだった。

 6回、2-1とカープ1点リードのなか、先頭打者・近藤を内角の厳しいボールで打ち取った黒田。内野に力ないボールが上がった瞬間、一瞬ではあるが黒田はふくらはぎをかばうような仕草を見せていた。もうここで違和感を覚えていたのだ。しかしこのタイミングで降板するわけにはいかない。なぜならネクストバッターズサークルにいるのが、大谷だからだ。しかも黒田はこの若者に、1打席・2打席目ともにツーベースヒットを打たれている。ここで引き下がるわけには、ここで引退登板を終えるわけにはいかないのだ。

 初球スプリットがボール、2球目スライダーでストライク、3球目またもやスプリットでセンター凡フライ。

 ここで初めてふくらひぎの痛みを露わにし、ベンチ裏に消えた黒田。一度はマウンドに戻るも、「大谷を打ち取る」という己の執念を果たした肉体は、限界を迎えていた。

次のページ 
黒田・大谷という新旧大スター対決

1
2
俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録




おすすめ記事