恋愛・結婚

新米パパ、1回は必ず、自分のオッパイを赤ちゃんに吸わせがち【子育てあるある・母乳編】

―[村橋ゴロー]―
 “あるある”の鉄人・レイザーラモンRGは、こんな明言を残している。 「万物に“あるある”は存在している」  そしてパパ歴2年のゴローは、こう断言する。  子育てにも“あるある”は存在する……。  42歳で男の子を授かったライター・村橋ゴローがそんな“子育てあるある”を不定期連載でお送りします!
子育て

※写真はイメージです

不慣れながら育児に参加しようとしても…

 子育てというものが始まると、その世界の奥深さ・尊さ・大変さに心身ともにしびれます。ミルクやりにオムツ替え、沐浴、夜泣きの対処に寝かしつけ、室温の管理、散歩と、親はすべての自由を奪われます。オムツ替えもオシッコなら協力するけどウンチのときは知らんぷり、という経験をしたパパも少なくないでしょう。  今の世の中、イクメンなどという気持ちの悪い言葉が跋扈し、ママ業界においては「イクメンに非ずは、父親でなし」という風潮です。しかし会社から帰って来て、慣れないながらも育児に参加しようとしても 「ほら手順が違う! それじゃ赤ちゃんがかわいそう!」  などと育児に疲れた妻から一喝される始末。せっかく、育児参加しようと思ったのに!
次のページ 
そのとき取ったパパの行動とは?
1
2
俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事