ライフ

「同じ時間を過ごすことが仲間の証明」という日本文化と、過労死の問題【鴻上尚史】

22時に消灯、朝5時に灯りがついた電通ビル

ドン・キホーテのピアス 電通の過労死問題は、電通という会社の体質だけではなく、日本文化そのものが色濃く出ていると僕は思っています。  それは、「共通の時間を過ごすことがあなたと私の絆を作る」という意識です。  これをすっごく分かりやすくいうと「みんなが会社にいるのに自分だけ帰れない」とか「上司が残っているのに、先に帰れない」ということになります。  つまりは、「同じ時間を過ごすことが、仲間の証明」というのが日本文化なのです。  だからこそ、芝居やプロジェクトの終わりに、必ず「打ち上げ」をします。それは、共に同じ時間を過ごしたことを、お互いに確認するためです。「打ち上げ」は、ひとつのピリオド、時間の区切りです。同じ時間を過ごしているからこそ、区切りもみんなと同じにつけるのです。
次のページ 
電通だけではなく…
1
2
3
4
※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事