ライフ

デスクワークが長い人は「筋トレ」で脳疲労をリフレッシュ

ランニング また、疲労を招く危険なトレーニングの代表的はランニングだ。 「ランナーズハイなどで走っているとつい気分がよくなり、疲れていることを忘れがちですが、ここが落とし穴。ストレスでも増える活性酸素が大量に出てしまい、余計にカラダが悲鳴を上げてしまう。さらに走りすぎによるシンスプリント(疲労性脛部痛)や、足底筋膜炎になる危険性もあります」 【足立 光氏】 フィジカルトレーナー。六本木ボディプラント代表。プロ競技者から芸能人まで幅広く指導。プロレスラーのオカダ・カズチカや、タレントLiLicoの肉体改造も手がけた ― 疲労を超回復させる秘術 ―
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事