雑学

デスクワークが長い人は「筋トレ」で脳疲労をリフレッシュ

 たかが疲労、されど疲労。日頃から当たり前のように疲労を抱えすぎていると、つい放置しがちではないだろうか。もしくは改善を試みるも改善されない人もいるだろう。疲労の正体に着目し、より効果の高い疲労回復法を紹介する。

疲労回復のための睡眠や栄養前提で行うべし


筋トレ 前回、「疲労のもとは脳から」ということを紹介したが(※疲れやすい…の原因は“ストレスによる脳疲労”。解消するには?)、だとすれば、カラダなんて鍛える必要はない……? フィジカルトレーナーの足立光氏に聞いてみた。

「デスクワークが長い人は座りすぎによる脳疲労をリフレッシュさせるうえでも筋トレはもっとも効果が高いです。ストレスを多く抱えている人こそ積極的にやるべき。また、老化による筋力低下も起こってくるので、誰もが筋トレを始めてほしい」

 ただし、この筋トレのやり方を誤ると、余計に疲労を招くということで、足立氏は注意を促した。

「疲れないために体力をつけようと無理やりに筋トレを行う人がいますが、僕は疲れているならしっかり休ませます。体力を使った仕事でヘトヘトになった後、ジムに来たとしても、パフォーマンスは上がらないし、疲労がよけいに蓄積するだけです。そもそも筋力と体力は別物なんです」

次のページ 
睡眠と栄養が足りないままのトレーニングは、むしろ逆効果

1
2
3





おすすめ記事