スポーツ

サーファーの敵はサーファーじゃない? サーフィンにまつわる大いなる誤解

 そして、ようやく波に乗ったかと思えば、一度ターンすると大体の選手がコケて波に落ちます。3分待って10秒波乗りとか、そんなペース。15分あっても、最大8本の波に乗らない選手も多数見られ、ほとんどの時間を「待ち」に費やすケースも。  ものすごく忍耐が必要で地味な戦いです。  ただ、波に乗る本数と勝敗はほとんど関係ない模様。結局は、どんな動きをするにも波のチカラ次第ですので、本数は少なくともイイ波をつかまえたほうが強いんですね。  強い選手ほど、少ない本数のライディングでキッチリといい波をつかまえ、高得点を出していました。  「波に乗る」という能力は大前提として、  「波を読む」という能力が勝敗を大きくわける  スポーツなんですね。  そんな戦いを見守っていると、不思議と心が和んできます。波を見守り、次にイイ波がきそうな場所を探し、波がこないのでまた待ちに戻る。その繰り返しが、心をボンヤリとさせてくれるのです。観戦の大半が「砂浜で波を見ている時間」ですから、和むのも当然です。焦ってどうこうしようとしても仕方ない。逆転の秘策も何もない。ただただ、イイ波を待つ。サブーン。サブーン。  僕は大いなる誤解をしていたのかもしれません。サーファーというと丘に上がってケンカみたいなイメージでしたが、  サーファーはサーファーと戦ったりはしない のです。  太陽と潮の満ち引きに合わせて早起きをし、いい波を忍耐強く待ち、交通ルールでも守るように波の優先権をキッチリと守る。  サーファーはイメージよりずっと、ちゃんとしていたのです。なるほど、本部の人の応対が丁寧なわけです。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1253111

「体調の悪い日は無理をしない」という常識的な運営姿勢

次のページ 
お察しの通り、超穴場
1
2
3

※フモフモ編集長の「今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪」第1回~の全バックナンバーはこちら

自由すぎるオリンピック観戦術

スポーツイベントがあるごとに、世間をアッと言わせるコラムを書き続ける、スポーツ観戦ブログ『フモフモコラム』の中のひとによるオリンピック観戦本





おすすめ記事