ニュース

新宿、渋谷も低空飛行する「羽田空港新ルート」の危険性…事故、騒音、大気汚染も

羽田空港新ルートの都心上空通過で、事故・騒音etc.の危機!?

羽田空港はすでに過密状態。だが、新飛行ルートには落下物などさまざまなリスクがあり、住民の不安が高まっている

 政府は東京オリンピックに向けて、2020年までに外国人観光客を年4000万人に倍増させるとの目標を発表。その具体策として国交省が推し進めようとしているのが「羽田空港の機能強化」だ。現在1時間あたり80便の発着回数を90回に増やし、年間で羽田空港に出入りする飛行機を1.7倍に増加させるという。

「国交省は、海側から着陸して海側から離陸するという従来の飛行ルートに加え、都心の上空を通る飛行ルートを追加しようとしているのです」

 そう語るのは「羽田空港増便問題を考える会」の共同代表、横山宜幸氏。

「この新ルートは、落下物や騒音、大気汚染など、あまりに問題が多すぎます。万が一事故やテロで飛行機が墜落し、市街地に落ちたら大惨事になります」

⇒【資料】はコチラ(予定される新ルートと飛行高度)
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1277293


品川羽田空港新ルート 横山氏らは航空評論家の秀島一生氏の監修のもと、新ルートのリスクを検証している。

「落下物の問題は非常に怖いですね。航空機が着陸の際、機体内にしまっていた車輪を外に出すとき、部品や上空の低温で張り付いた氷などが落下するということが、日常的に起きる危険性があります。しかもこうした報告には、氷の落下は含まれていません。金属部品や氷が上空から落下してきたら人命にかかわります」

 国交省によれば、航空会社に報告を求めるようになった2009年から昨年10月末までに全国で437件の部品脱落があったとされている。

次のページ 
新ルートは新宿、渋谷、港、品川、大田区の低空を飛行

1
2
週刊SPA!1/31号(1/24発売)

表紙の人/ 広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事