ニュース

誠意ある対応を怠れば、AV業界は滅ぶ【作家・ルポライター井川楊枝】

 昨年3月の人権団体の訴えから、今なお大きな関心を呼んでいる「AV出演強要問題」。一般紙やテレビなどで広く報道され、被害を訴える女性も相次ぎ、その影響はAV業界にとどまらず、各方面に及んでいる。今や、業界存続に「一枚岩」と見られた関係者にも亀裂を生み、それを利用しようとする者も現れ、相互不信を呼んでいるという。

誠意ある対応を怠れば、業界は滅ぶ


AV強要 昨年10月、私は『モザイクの向こう側』(双葉社)という、AV出演強要問題を軸に据えた著書を出版した。普段はAV業界に寄り添ってパブ記事を書いているが、この書では業界にとっては好ましくないことを数多く記載している。書籍の担当編集者は「クレームが来るのではないか」と危惧していたが、予想に反して業界側からは反応がなくて拍子抜けしたという。もちろん、「あんな本を出しやがって」と内心憤る関係者は多かっただろうが、少なくとも私や出版社に抗議する声は届かなかった。

「AV業界の人たちは昔から目立っちゃいけないと考えるんです。余計に叩かれるから。黙っていればそのうち嵐は通り過ぎると考えているんですね」

 大御所のAV監督はそう業界の体質を語る。出演強要問題では、そんな業界の変わらぬ体質が如実に表れたように思える。

次のページ 
「モザイクの向こう側は本番ではない」という建前

1
2
モザイクの向こう側

「騙された」と言う人。「出たかった」と言う人。黒でも白でもない、まだら色の本音―岐路に立つ欲望ビジネスの行方。激震!AV業界最前線ルポ


女子高生ビジネスの内幕

見学クラブ、リフレ、お散歩、撮影会…「10秒2000円のハグ」から「裏オプション」まで、潜入ルポ




おすすめ記事