マネー

なぜ腕時計と言えばロレックスなのか【腕時計投資家・斉藤由貴生】

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。今回は、高級腕時計において「なぜロレックスばかりがもてはやされるのか」ということについてお話ししましょう。

 高級腕時計の代名詞的存在であるロレックスは、時計雑誌でもよく取り上げられとにかく人気の腕時計というイメージ。人気がありすぎるが故に、猫も杓子もロレックスというマイナスイメージとして捉えられることもあるほどです。

日本人が勘違いしやすいロレックスの地位


 そんな中、ロレックスに関して最も良く疑われているのは「日本人だけがロレックスを好きなのではないか」という説。ルイヴィトンも同様に“日本人だけ説”が強い傾向にありますが、確かにロレックスやルイヴィトンを多くの日本人が好むのは事実です。

ロレックスサブマリーナ(16610)

 しかし、ロレックスの場合は日本人だけでなく世界中の人が好きなのです。オシャレなイメージのイタリア人も好きですし、アメリカ人だってタイ人だってロレックスが大好き。つまり、ロレックスは世界中に多くのファンを抱える腕時計の王様的存在なのです。

 多くの人がロレックスという選択をするがゆえに、あえてロレックスは避けたいという人もいるでしょう。他人と一緒のものを持ちたくないから、あえてロレックスを選ばないという発想こそ、まさに日本的な思考であると思います。そういう人こそ「ロレックス好きなのは日本人だけ」と思い込んでいたりするのでおもしろいものです。

 しかし、そうやってロレックスに対して漠然とマイナスなイメージを持つことは非常に勿体ないと思います。実際、ロレックスには世界中でファンを生み出すだけの魅力が詰まっています。

次のページ 
1週間毎日使っても全く問題ない時計

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう


腕時計投資のすすめ

どうすればお金を使わずに贅沢ができるか





おすすめ記事