ライフ

ナンバーワン嬢ほど素敵は商売はない!? あなたの知らないキャバクラの裏側【コラムニスト木村和久】

 続いて六本木のナンバーワンキャバ嬢のお話ですが、これは規模がデカいです。関西系の有名キャバクラチェーンが東京圏に7店舗出店していました。私の知り合いのナンバーワン嬢はその7店舗の中でナンバーワンを競わされて、見事、東京で一番のキャバクラ嬢になったのです。証拠にとスマホに順位表がずら~と貼られており、それを見せてもらいました。100人ぐらいの順位が並んでて、その中の1位って壮観でした。  その後の展開も驚きで、今度は関西のチェーン店を含めて約100軒のナンバーワンを決めるイベントがあり、そこにもエントリー。なんと見事ナンバーワンを達成し、ご褒美は大阪に新幹線のグリーン車に乗って、表彰式に出席したそうです。  2人のナンバーワン嬢を紹介したけど、どちらも飛びきりの美人というわけではないです。けどチャーミングで、人間として非常に魅力があります。有名店でナンバーワンになると、ナンバーワンバブルが起きるそうです。「この店のナンバーワンを見てみたい」というだけで、指名がボンボン入る。しかも、お金を持っているワガママな客は「ナンバーワンと飲んでいる自分が好き」というパターンが多いそうです。だからますますナンバーワンが、人気となっていくのです。  とはいえ、本人の努力というのもスゴく大事です。通常はマメにメールをくれるし、客側の接待とか誕生日とかは仕切りまくって、完璧にこなしますから。六本木のナンバーワン嬢には「誕生日を祝ってあげるから来てよ」と言われ「やだよ、高い金払って、いいことないじゃん」と逃げていたのですが、「ちゃんと仕切るからさ」と言われて、しぶしぶ行くことに。そのナンバーワン嬢はあらかじめ予算を決めておいて、4万円で飲み放題、お祝いのシャンパン、フルーツ山盛り、そしてケーキまでつけての大サービスでした。まあ、そこまでされればね、こちらとしても悪い気はしません。
木村和久

木村和久

 そんなわけで、大型店や有名店のナンバーワン嬢は魅力満載で、知ってて何かと便利なこともあります。最近会いに行けるアイドルってのが流行ってますが、キャバクラは、ナンバーワンだろうが、地味なコだろうが、平等に指名できて、お喋りができる。だったらナンバーワンを呼んだほうがいいかも、そういうことですね。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事