雑学

ナンバーワン嬢ほど素敵は商売はない!? あなたの知らないキャバクラの裏側【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その160 ―

 最近、国際派俳優がナンバーワン元ホステスと熱愛というニュースが流れました。というわけで、水商売のナンバーワンっていったい何でしょうか? この素朴な疑問に答えたいと思います。

 水商売の世界では、そのお店で一番の売れっコをナンバーワンと呼びます。もちろんナンバー2、3と続くのですが、みなさんそれなりに魅力的です。ナンバーワンは綺麗でオーラがあるから、すぐわかる場合もありますが、案外普通っぽい女性もナンバーワンだったりするのです。アイドルユニットのセンターにしても「なぜこのコが真ん中にいるの」って場合はありますよね。

 夜遊びをしている仲間連中では、お約束のナンバーワンあるあるがあります。

 すでに、その店のナンバーワンの顔を確認しています。なんと太い客と思われたのか、そのナンバーワン嬢が席についた。早速、出会い頭のカウンターパンチを浴びせます。

「いい店だね、キミさ、この店のナンバーワンを呼んでよ」

 というと、そのテーブルに座っていた女性が申し訳なさそうに「私、なんですけど〜」という返答が。それから、まんじりともしない夜を過ごしたのは言うまでもありません。実際、そういう光景を目撃したことがあるのですが、デキた女性は「お前がナンバーワンかよって、よく言われるんです」と、ネタにして見事にかわします。

「うちはナンバーの数が多いほど可愛い、変わった店なんです」

 これぐらい懐の深さを見せてこそ、ナンバーワンと言えるでしょう。

月収200万円を稼ぐナンバーワン嬢もいた


 さて、ナンバーワンはどんな仕組みで稼ぎ、どんな生活をしているのか? 今回は、わかりやすいキャバクラのお話を紹介します。

 キャバクラの場合のナンバーワンは、ずばり指名の本数と同伴の数です。あらかじめ呼ぶと決めてリクエストするのが「本指名」、お店で「あのコ可愛いね、呼んでよ」というのが「場内指名」です。売れっ子は、間違いなく本指名が圧倒的に多いです。「同伴」は一緒にゴハンを食べて、キャバクラに行くという風習です。それぞれポイントにして、例えば場内指名が1、本指名2、同伴が3ポイントとし、そのトータルを競うというわけです。

 昔、新宿の某ナンバーワン嬢は1日の指名本数がだいたい15本以上。同伴はほぼ毎日という生活を週6日しておりました。こうなると付け回しがナンバーワン嬢に対して、「次のテーブルへ」と催促できません。だいたい15人を相手に喋ると、持ち時間は1人10分ないですから。だから自分で適当に頃あいを見計って、席に立つそうです。でも15人と均等に喋るのは物理的に無理です。最後は、気のいいおじいちゃんが数名残り「ごめんなさい、今日は挨拶だけで~」というや「いいよ、また今度、時間の空いているときに、ゆっくり会おうよ」って、終わらせるとか。

 当時の彼女の収入は月200万円以上。5000万円貯めてマンション買うと言っていましたが、「現金で買うと、怪しんで税務署が来るから、やめた方がいいよ」とだけ言っておきましたが、今頃は引退してるでしょうね。

次のページ 
ナンバーワンの共通点

1
2





おすすめ記事