恋愛・結婚

年の差カップルが当たり前の昨今「近くで見ると意外に老けてる」と女性に思われないワンポイント対策

 年の差カップルが当たり前の昨今。なかには少し年が離れた女性と付き合いたい・付き合っている男性もいることだろう。大手結婚情報サイトの調査(女性368人が回答)では、カップルの年齢差は「彼が10歳以上年上」が13%、「彼が5歳以上年上」が23%、「彼が2歳~3歳年上」が25%となり、6割が「彼が年上」と回答。結婚後のデメリットもそれほど感じないという。年の差夫婦や年の差カップルは、意外にありということだ。

年が離れているほうが甘えられるしケンカも少ないという声も。写真/ThalesEGO

「だったらオレも!」という感じで年の差カップルを狙っている男性は、若い女性に合わせようと話題はもちろんファッションや身だしなみなど、とにかく相手に合わせようと努力しているはず。もちろんこうした努力は大事だが、同じぐらい見た目のケアもしないと、会話やファッションを努力すればするほど見た目とのギャップでオジサンぽさが際立ってしまうだけ。特に若い女性のチェックの目は、こうしたギャップに厳しいと思ったほうがいい。実際、女性が若さの目安で一番チェックしているのは、男性の肌だったりする。

 特に中年になると、いつの間にかところどころ小さなシミができてくるもの。それらを放っておくとドンドン大きくなり、気づけば大きなシミへと成長してしまう。小林製薬の調査では、男性の年代別巨大ジミ出現率は40代で急増するそうだ。

小林製薬調べ

 そもそも一般的には、「肌は乾燥してバリア機能が低下すると、炎症が起こりやすく、その結果シミもできやすい」と言われている。特に、毎日ヒゲ剃りの刺激にさらされ、かつ保湿などのスキンケアをしていない男性は、女性よりも肌が乾燥していてバリア機能が低下した状態。しかも、男性は女性より紫外線に対する意識が低く、日焼け止めを使わず紫外線にさらされていることが多い。要するに、男性の肌はシミができやすいのだ。

 顔に目立つシミができてくると「いかにもオジサンっぽい」と受け取られがち。「あらためて近くで見ると老けているなあ」と若い女性が我に返り、百年の恋も冷めてしまうなんてこともあるかもしれない。そうならないためには、何かしらのシミ対策は必要だろう。

左から「メンズケシミンクリーム」、「メンズケシミン化粧水」、「メンズケシミン乳液」。すべて医薬部外品だ

 なかでも男性用シミ対策品(※1)として注目したいのが、小林製薬の「メンズケシミンクリーム」(医薬部外品)だ。

「メンズケシミンクリーム」は、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)が、集中的に肌の角質層のすみずみまでじっくり浸透して(※2)、メラニンの生成を抑えてくれる。しかも、血行を促進させるビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)も配合。洗顔後、適量手にとって気になる部分に塗り込むだけでケアできるのだ。しかもメンズケシミンシリーズは、クリーム以外にも化粧水や乳液もラインナップする。

 例えば日常的なシミ対策として、朝晩の洗顔後やヒゲ剃り後などは、「メンズケシミン化粧水」(医薬部外品)を適量を手にとって、顔全体を包み込むように軽く抑え肌に浸透させ、そのあと「メンズケシミン乳液」(医薬部外品)を適量手に取って、顔全体を包み込むように軽く抑え肌に浸透させればOK。乾燥が気になる時は重ねづけがオススメだ。日ごろケアをした人はこの2つで、気になる部分を集中的にケアしたい人はクリームで、といった使い分けも可能。もちろん単品使いもOKだ。


 いまやこうした男のシミ対策は当たり前。しかもこうしたシミ対策は、何も若い女性にモテたいからやればいいというものではない。職場や取引先での印象アップのためにも必要なこと。シミ対策は清潔感がある人だと思われる秘策の1つでもある。

印象アップは大事だよ。写真/史密斯阿翔

 しかもメンズケシミンシリーズは、ドラッグストアで1000円前後で気軽に買える点もいい。気になるシミが取り返しがつかない大きさに成長する前に、早めにシミ対策をしてみてはどうだろうか? <文/日刊SPA!取材班>

※1 メラニンの生成を抑えシミ、そばかすを防ぐ
※2 角質層まで

メンズケシミン 「メンズケシミンクリーム」、「メンズケシミン化粧水」、「メンズケシミン乳液」

提供/小林製薬


ハッシュタグ




おすすめ記事