スポーツ

大仁田厚“まぼろしのECW全米爆破計画”――フミ斎藤のプロレス読本#119【ECW編エピソード11】

大仁田厚“まぼろしのECW全米爆破計画”――フミ斎藤のプロレス読本#119【ECW編エピソード11】

『フミ斎藤のプロレス読本』#119 ECW編エピソード11は、まぼろしに終わった大仁田厚の“ECW全米爆破計画”。大仁田とポール・ヘイメンの合同プロジェクトが実現へ向けて動きはじめていたが…(Photo Credit:Linda Roufa)

 199X年

 そのプロジェクトは“全米爆破計画”と呼ばれていた。大仁田厚が“電流爆破デスマッチ”の全米進出に向けて本格的に動きだした。アメリカ側の受け皿はフィラデルフィアに本拠地を置くハードコア団体ECW(エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング)。

 大仁田の計画とは、ごくシンプルにアメリカ人をあっと驚かせるために“電流爆破デスマッチ”をアメリカに輸出しようというものだった。

 大仁田サイドとECWのあいだでこのプランに関する最初の会談がおこなわれたのは1997年12月。ECWの主力メンバーがFMWのシリーズ興行に来日したさい、大仁田とポール・ヘイメンが話し合いの場をもった。

 大仁田は翌1998年6月、ECWアリーナ定期戦にゲスト出場、サンドマン&トミー・ドリーマー対ダッドリー・ボーイズ(ババ・レイ&ディーボン&ビッグ・ディック)の2対3ハンディキャップ・タッグマッチに“乱入”した。

 サンドマンとドリーマーに招き入れられるようにして入場ゲートに姿を現した大仁田は、羽織、袴、ゲタばきという純ジャパニーズのコスチュームを身にまとっていた。

 アリーナ内PAシステムからはおなじみのテーマ曲“ワイルド・シング”――それもFMW版リミックス音源――が流れた。ECWアリーナの常連層は、それが大仁田の“音”だということをちゃんと知っていた。

 大仁田は、サンドマンから手渡された有刺鉄線2X4の角材でババ・レイのボディーを一撃。さらにドリーマーが背後からハーフネルソンでホールドしたディーボンにも有刺鉄線角材をフルスウィング。
 
 さらに返す刀でなんとサンドマンのボディーにも気合の入った有刺鉄線角材2×4をひと振りし、ドリーマーにもボディーへのキックからDDTをお見舞いした。

 ECWアリーナ内の空気が凍りつくと、大仁田はキャンバスにダウンしたサンドマンの顔に缶ビールの“聖水シャワー”をぶっかけた。これが約4分間の“乱入”のラストシーンとなった。

 ハードコア・スタイルの“教祖”の突然の出現にECWアリーナはどよめき、大仁田は“電流爆破デスマッチ”の“COMING SOON”を強烈に印象づけた。

次のページ 
全試合終了後、“電流爆破デスマッチ”の対戦相手を募集

1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。




おすすめ記事