スポーツ

サブゥーの“魔法のじゅうたん”はいまどこ?――フミ斎藤のプロレス読本#117【ECW編エピソード09】

サブゥーの“魔法のじゅうたん”はいまどこ?――フミ斎藤のプロレス読本#117【ECW編エピソード09】

『フミ斎藤のプロレス読本』#117 ECW編エピソード9は「サブゥーの“魔法のじゅんたん”はいまどこ?」の巻。ホームタウンのミシガン州ランシングからニューヨーク・エリアまではかなりいいペースで走っても約10時間のドライブになる(写真はエンドレス製作『ECWハードコアビデオシリーズ』封入付録オリジナル・トレーディングカードより)

 199X年

 サブゥーは“魔法のじゅうたん”に乗ってニューヨークのロッチェスターという町を走っていた。“じゅうたん”の名はクルーズマスターで、どこへ出かけるときでもだいたいこれに乗っていく。

 アパートメントの間取りでいえば、コンパクトな1LDKくらいのサイズということになるのだろう。運転席に座っているのは、いつもサブゥーである。

 ミシガン州ランシングからニューヨーク・エリアまではかなりいいペースで走っても10時間くらいのドライブになる。飛行機を使ったほうがずっとラクなのはわかっているけれど、プロレスラーは自動車でアメリカじゅうを移動するものなんだそうだ。

 これは偉大なる伯父“アラビアの怪人”ザ・シークの教えだから、ちゃんと守らなければならない。ロードに出る、ツアーに出る、ということは“魔法のじゅうたん”に乗ってフリーウェイをひた走るという物理的な作業を指している。

 シークじいさんは古い人間だから「プロレスラーはキャデラックかリンカーン・コンチネンタルに乗りなさい」というけれど、スクウェアな車体は長旅には適さない。どれだけ長距離を走っても、やっぱり1日の終わりにはねぐらを探さなければならない。

 サブゥーが欲しがっていたのは、どこにいてもマイルーム、みたいなプライベート空間だった。

 そうしたくなったらいつでもゴロンとよこになれるベッドルームがあって、食事をしたりビデオを観たりするリビング&ダイニングルームがあって、キッチン、シャワー、トイレ、電子レンジ、エトセトラ、エトセトラを完備したモーターホーム。そのつもりだったら、きょうからでもこの移動型ドレッシングルームが“現住所”になる。

 木曜の夜にランシングを出ると、金曜の朝にはイーストコーストにたどり着く。同じ距離の移動でガソリン代と航空運賃をくれべてみると、ガソリン代のほうがちょっとだけ安い。

次のページ 
ニューヨークはじつは広い

1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。




おすすめ記事