雑学

メンズファッションのトレンドに「つなぎ」がくる?/ランバンに学ぶ

【モードをリアルに着る!オム Vol.2/小林直子】

つなぎ

vogue.comより

 ランバンの2018年春のテーマはミリタリーとワークウエアでした。といっても、ハイブランドですから、単なる軍服でも、作業着でもありません。そこは技を駆使し、高級素材と高い技術のカットを用いて作られたミリタリーとワークウエアです。

 そのファーストルックがこのつなぎのスタイルです。ファーストルックということは、これが一押し、ということを示します。

 ちょっとデザイン性のあるテイラードカラーのひざ丈のコートに白いTシャツとつなぎ、スニーカーという組み合わせは、これからも当分続くであろうメンズの方向性を如実にあらわしています。

 それは何かというと、「ワークウエアやスポーツウエア、アウトドアウエアに優れた紳士服のテイラーリング技術を駆使したジャケットやコートなどの紳士服を組み合わせる」スタイルです。

 単なる作業着でいいのでしたら、それを専門に作るメーカーが作ればいいだけのところをわざわざハイブランドがやるのですから、それなりに持っている技を駆使しなければなりません。それがテイラーリング技術というわけです。

 ランバンの2018年春夏のコレクションは全体を通してそのスタイルの提案がなされていますが、その中でも一押しはテイラード技術を駆使したコートと作業着であるつなぎの組み合わせ、ということになります。

 さて、これをランバン一式を買わずして取り入れるにはどうしましょうか。

 これは案外簡単です。まず、つなぎを入手しましょう。メンズのつなぎはディッキーズなどで定番として売っています。とにかく「本当に作業するときに着るつなぎ」を選びましょう。そのほうが機能的に優れていますし、嫌らしい「おしゃれディテール」がなくて、安心です。

 男性の場合はこういった作業着やスポーツウエア、アウトドアウエアを選ぶ場合、変にセレクトショップでおしゃれ用にデザインされたものではなく、本当に作業するとき、本当にスポーツするとき、本当にアウトドアでのアクティビティに着るとき用のものを選ぶようにしましょう。要するに、「まがい物」は避けましょう。格好悪いです。

 そして、そういった本物の作業用のつなぎに、カジュアルなコートを合わせるのではなく、きれいなテイラードカラーのコートを合わせるのがこのスタイリングの肝ですので、つなぎを安く買った分、コートはけちらないで、いいものを合わせましょう。お金をかけられない場合は、中古でも古着でも構いません。

 ランバンのこのスタイルはたぶんウールのコートを合わせていると思いますが、私はこれをコットンギャバのトレンチコートやステンカラーのコートにかえてもいいと思います。けれども、その場合もバーバリーを選ぶなりなんなり、本物を選びましょう。まがい物は選ばない。本物を選ぶ。これはメンズで重要な知性の表現なので、外してはいけません。

次のページ 
合わせるべき靴

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。




おすすめ記事