スポーツ

ジェリー“ザ・キング”ローラー “テネシーのキング”はおしゃべりの王様――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第60話>



 ローラーを全米スケールの有名人に変身させた“事件”は、コメディアンのアンディ・カウフマンとの決闘だった(1982年4月5日=テネシー州メンフィス)。

 ローラーは、テレビのドキュメンタリー番組の撮影クルーを引き連れてメンフィスまでやって来たカウフマンを容赦せずバックドロップで後ろ向きに投げ落とし、テネシーでは“禁じ手”(自動的に反則負け)になっているパイルドライバーで脳天からキャンバスに突き刺した。

 もちろん、メンフィスのオーディエンスはこの展開に狂喜した。

 カウフマンは「打ち合わせどおりにやらなかった。ローラーが裏切った。告訴する」とコメントした。

 ふたりはその後、人気トーク番組『デビッド・レターマン・ショー』にもいっしょにゲスト出演し、ここでも場外乱闘を演じた。

 この因縁ドラマのディテールとそのてん末は、カウフマンの短い生涯をつづった映画『マン・オン・ザ・ムーン』(ジム・キャリー主演=1999年)にくわしく描かれている。

 1980年代の“南部の王様”ローラーは、いわゆるテネシー・スタイルの場外乱闘、大流血戦、デスマッチを得意とするサザン・スーパースターだった。

“遠征嫌い”として知られ、テネシーとケンタッキー以外の土地ではあまり試合をしなかったが、カート・ヘニングを下してAWA世界ヘビー級王者にもなったことがあった(1988年5月9日=メンフィス)。

 AWA本部(バーン・ガニア)が提示したスケジュールを無視したため王座はハク奪されたが、ローラーはチャンピオンベルトを返さず、結果的にはこれがAWA崩壊の遠因になった。

 1989年にはプロデューサーとしてテネシーUSWAとダラスWCCW(フリッツ・フォン・エリック代表)の合併を実現させ、みずからが“統一世界チャンピオン”を名乗った。

 AWA・USWA世界統一ヘビー級王者ジェリー・ローラー対WCCW世界ヘビー級王者ケリー・フォン・エリックの“統一世界戦”がPPV放映されたこともあった。

 ローラーは、現役の世界王者として、また、団体オーナーとして“アンチWWE”“反ビンス・マクマホン”の立場を明確していたが、1992年12月、WWEと電撃契約を交わして関係者を驚かせた。

 WWEにおけるローラーのいちばん有名な因縁ドラマは、“キング”の称号をめぐるブレット・ハートとのシングルマッチ・シリーズだろう(1995年6月25日=PPV“キング・オブ・ザ・リング”フィラデルフィア大会)。

 1997年以降は“マンデーナイト・ロウ”“ショットガン・サタデーナイト”“スマックダウン”などのカラー・コメンテーターとして活躍。

 しかし、引退宣言はせず年に数試合ずつのペースでリングに上がりつづけ、マンカインド、ブッカーT、クリス・ジェリコらミレニアム世代のスーパースター、CM・パンク、ダニエル・ブライアン、ドルフ・ジグラーら親子ほどトシの離れた21世紀のWWEスーパースターズとも闘った。

●PROFILE:ジェリー・ローラーJerry“The King”Lawler
1949年11月29日、テネシー州メンフィス出身。1970年、デビュー。得意技はトップロープからのフィスト・ドロップとパイルドライバー。“テネシーの王様”として一世を風びしたレスラー・プロモーター。AWA世界ヘビー級王座、CWA世界ヘビー級王座、USWA・WCCWユニファイド統一世界ヘビー級王座と1980年代から1990年代前半にかけて――NWA系譜でもWWE系譜でもない――ありあとあらゆる“世界王座”を手中に収めた。2012年7月、心臓発作で長期欠場。同年11月、復帰。現在もWWEでTVコメンテーターとして活躍するかたわら、現役選手としても全米各地のインディペンデント団体で試合をおこなっている。

※文中敬称略
※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事