スポーツ

ケリー・フォン・エリック 運命にほんろうされた“鉄の爪”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第57話>

ケリー・フォン・エリック 運命にほんろうされた“鉄の爪”<第57話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第57話は「ケリー・フォン・エリック 運命にほんろうされた“鉄の爪”」の巻(Illustration ByToshiki Urushidate)

 数奇な運命をたどったスーパースターだった。

 ケリー・フォン・エリックは、ほんの少年時代からケリー・アドキッセンではなく“ケリー・フォン・エリック”としてのアイデンティティーを義務づけられていた。

 父親は地元ダラスでは“世界でいちばん有名なプロレスラー”でレスリング・カンパニーのオーナー、フリッツ・フォン・エリック。

 “鉄の爪”エリックの息子たちは、まだプロレスラーとしてデビューするまえからダラスのセレブリティーだった。

 ふたりの兄、ケビンとデビッドはケリーよりもひと足先に偉大なる父のあとを継いだが、ハイスクール時代から非凡なアスリートだったケリーは、陸上競技の奨学金をもらいヒューストン大学に進学。

 しかし、大学は1年で中退し、ケビンよりも2年、デビッドよりも1年遅れてデビューすることになる。

 エリック兄弟のトレードマークは、もちろん父親譲りのアイアン・クロー。このときすでにケリーはボディービルダーのような体つきをしていた。

 デビュー当時から「スター性ではケリーがいちばん」というのが専門家の一致した意見だった。

 すぐ上の兄デビッドの突然の死(1984年=昭和59年2月10日)がケリーの運命のエンジンをフル回転させていった。

 デビッドの死から3カ月後、“デビッド・メモリアル・パレード・オブ・チャンピオンズ”と銘打ったスーパーイベントがテキサス・スタジアムで開催され、その主役には24歳のケリーが抜てきされた。

 3万2123人の大観衆が見守るなかで、ケリーはリック・フレアーを下しNWA世界ヘビー級王座を獲得した(1984年5月6日)。

 それから2年後の1986年6月4日、ケリーはテキサス州アーギルのハイウェイ373号線をバイクで走行中にパトカーと接触事故を起こし、右足、右足首、でん部の複雑骨折、内臓破裂の重傷を負う。

 父エリックはこの年の2月にNWAを脱退し、ダラスに新団体WCCW(ワールドクラス・チャンピオンシップ・レスリング)を正式に設立したばかりで、“家業”のために復帰を急いだケリーは同年11月に松葉づえをついたままリングに上がったが、再び足首を骨折してしまう。再起不能説がささやかれた。

次のページ 
1年後、奇跡的なカムバックを果たした

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事