スポーツ

リッキー・スティムボート “心のライバル”はフレアー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第61話>



 若手時代のスティムボートのタッグパートナーは、ジェイ・ヤングブラッド(故人)。ライバルはジミー・スヌーカ&レイ・スティーブンスのヒール・コンビで、NWA世界タッグ王座をめぐる闘いが定番カードだった。スティムボートとスヌーカも、バックハンド・チョップを激しく打ち合った。

 フレアーがNWA世界ヘビー級王者としてスーパースターの道を歩みはじめたころ、スティムボートはWWEのリングを選択した。

 WWEでのリングネームにはリッキーとスティムボートのあいだに“ザ・ドラゴン”というキャラクター・ネームが加えられた。ブルース・リーのイメージだった。

 それまでの赤のショートタイツと純白のリングシューズの定番のコスチュームが、WWEのリングではカンフーをイメージさせる龍の刺しゅうが入った黒、赤、白、グリーン、ゴールドなどのロングタイツに変わった。

 “ドラゴン”に変身したスティムボートは、“レッスルマニア3”でランディ・サベージを相手にプロレス史に残る名勝負を演じた(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、シルバードーム)。

 スティムボートとフレアーが運命の再会を果たすのは、それから2年後。WCW・NWAに復帰したスティムボートは、フレアーを倒してNWA世界王座を手にした(1989年2月20日=イリノイ州シカゴ)。

 NWAクロケット・プロはこの前年、1988年11月に“テレビ王”テッド・ターナーのターナー・グループに買収され、ターナー傘下のグループ企業として団体名もWCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)に変わっていた。

 スティムボートはその後、2大メジャー団体WWEとWCWを何度か往復するが、WCW所属だった1994年9月に腰の負傷を理由に引退を表明した。

 WCWでの現役選手としての最後の対戦相手は、ストーンコールドに変身する2年まえの“スタニング”スティーブ・オースチンだった。

●PROFILE:リッキー・スティムボートRicky Steamboat
1953年2月28日、フロリダ州タンパ出身。本名リチャード・ブラッド。AWAバーン・ガニア道場でプロレスを学び、1976年、デビュー。トレードマーク技はサイクロン・ホイップと呼ばれたアームドラッグ、カンフー・チョップ。トップロープからのフライング・クロスボディー。NWA・WCW世界ヘビー級王座、インターコンチネンタル王座、WCW・US王座(4回)、WCW・TV王座(2回)、NWA・WCW世界タッグ王座(8回)など数多くのタイトルを獲得した。現在、WWEで“マンデーナイト・ロウ”“スマックダウン・ライブ”プロデューサー。

※文中敬称略
※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」




おすすめ記事