スポーツ

カート・アングル あっというまに“伝説の男”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第94話>

カート・アングル あっというまに“伝説の男”<第94話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第94話は「カート・アングル あっというまに“伝説の男”」の巻(Illustration By Toshiki Urushidate)

 カート・アングルは、オリンピックの金メダリストからWWEスーパースターへの華麗なる変身をとげたエリート・アスリートのなかのエリート・アスリートである。

 ひじょうに短期間でアマチュア・レスリングからプロレスへのアジャストに成功した点では“天才プロレスラー”ということになるのかもしれない。

 アングルはアマチュア時代、数多くの“将来のプロレスラー”たちと闘った。1988年のNCAA選手権ではダン・スパーンと対戦(1-0で判定負け)。

 1992年のNCAA選手権決勝ではプレデター(シルベスター・ターキー)を下し優勝。1996年のUS選手権オリンピック選考大会ではマーク・コールマン、マーク・ケアらと同一ブロックだった。

 アングルは熟考に熟考をかさねたうえでプロレスを選択した。1996年のアトランタ・オリンピック終了後、WWEは年俸25万ドルの複数年契約でアングルをプロレスにスカウトした。

 このとき、アングルはこのオファーを断り、ホームタウンのペンシルベニア州ピッツバーグのテレビ局でスポーツ・キャスターとしての仕事をスタートした。

 オリンピックに出場した時点ですでに首を故障していたため、2000年のシドニー・オリンピック出場をめざして4年間のトレーニングをつづけるというオプションは考えていなかった。

 それから2年後、アングルはプロレス転向を決意し、みずからWWEとコンタクトを図った。スポーツ・キャスターという職業は、アスリートのアングルにとってはひじょうに退屈なものだった。

 1998年8月、ドリー・ファンク・ジュニアのコーチのもとでプロレス式のトレーニングをスタートしたアングルは、練習開始からわずか4日後、マサチューセッツ州セーラムのインディー・ショーでトム・プリチャードを相手に“極秘”のデビュー戦をおこなった。

「子どものころからプロレスはほとんど観たことはない」と公言していたアングルは、驚くべきスピードでプロレスの“型”を吸収していった。

 WWEはアングルをテネシーのインディー団体に送り込み、試合をさせながらこの大型新人を1年がかりで“熟成”させる作戦をとった。

 アングルは1999年11月、TVデビューと同時にメインイベンター・クラスの登場人物になった。

 リング・コスチュームはアマレスのイメージを残す赤、白、青の星条旗カラーのシングレットで、衣装の一部として首から金メダルを2本ぶら下げた。

 ひとつは1995年の世界選手権大会に優勝したときの金メダルで、もうひとつはアトランタ五輪の金メダル。

次のページ 
ビンス・マクマホンのアイディアで、いきなりヒールのキャラクターに

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」

ハッシュタグ




おすすめ記事