デジタル

スマホ・PCから秘密バレしないために消すべき情報5つ。会社のPCは一番危ない

会社のパソコンは特に要注意

 自身のパソコンやスマホであれば上記の履歴を削除のみで問題ありませんが、公共のパソコンや会社パソコンの場合は違います。使用しているパソコンのブラウザから検索した内容や、閲覧した履歴を削除してもバレてしまう可能性があるのです。 仕事中 なぜなら、使用しているパソコンから閲覧しようとしているサイトに行くまでの間に、データを取得することが可能なのです。会社の情報システム部では、社員が検索した情報や、入力した情報まで把握している可能性があると思ってください。  ですので、基本的には自身のパソコン以外では個人情報を入力しない、業務に関係のないことは行わないことに限ります。いくら休憩中でも、プライベートな検索をする場合は、自分の端末で行うことをお勧めします。

検索履歴を最初から残さない方法

 自身のスマホやパソコンでインターネットをした際に、検索内容や、閲覧したサイトの情報をいちいち削除するのが面倒くさいという方も多いと思います。  そんな方には、履歴を残さない専用のアプリまたはブラウザを使用すると良いでしょう。履歴を残さないブラウザアプリとしては「ドルフィンゼロ」等、パソコンで利用する場合は「Tor Browser」等というものがありますので、ぜひ使用してみてください。 【久原健司】 1978年生まれ。ITの人材派遣会社やソフトウェア開発会社を経て、2007年に株式会社プロイノベーションを設立。現在は、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師として企業研修を行ったり、日本一背の高いITジャーナリストとしてwebメディアでも活躍している。 <文/久原健司>1978年生まれ。ITの人材派遣会社やソフトウェア開発会社を経て、2007年に株式会社プロイノベーションを設立。現在は、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師として企業研修を行ったり、日本一背の高いITジャーナリストとしてwebメディアでも活躍している。
1
2





おすすめ記事