デジタル

買ってはいけないモバイルバッテリーの見分け方。発煙や火災が急増中

 ITジャーナリストの久原健司です。

 11月9日午後5時55分ごろ、上野-大宮間を走行していた東北新幹線内で、乗客が落としたモバイルバッテリーが発煙し、緊急停止したというニュースがありました。

モバイルバッテリー このようなモバイルバッテリーの事故は、実は多く発生しています。平成25年には9件だったのが、平成29年では53件と右肩上がりで事故件数が増えており、さらには平成25年~29年の総数150件のうち約7割が火災を伴う事故となっています。
※NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)調べ

 報告されていないものも含めると、さらに多くの事故が発生していることが予想されます。それを受け、経済産業省では、平成30年2月にモバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象としたのはご存知でしょうか?

 そこで今回は、モバイルバッテリーを購入する際や使用時に注意すべき内容についてお話したいと思います。

どのようなモバイルバッテリーを選ぶべき?


 まず、事故が起こらないようなモバイルバッテリーの選び方を3点紹介します。

①PSEマークがついている

 PSEマークとは、電気用品安全法に基づき、国の定める安全基準の検査に合格した電気製品に表示されるものです。平成31年2月以降、PSEマークのないモバイルバッテリーは販売されなくなりますが、現状ではマークなしのものも販売されています。

PSEマーク

日本品質保証機構の資料より

 メーカーや販売業者は、電気製品に漏電などの危険がないといった安全基準を確認した上で、PSEマークを付けることが義務付けられています。モバイルバッテリーは電気用品安全法上「特定電気用品以外の電気用品」として扱われるため、ひし形ではなく、丸型のPSEマークがついていることを最低限確認してください。もちろん、ついていれば事故が発生しないわけではありませんが、国が定めた一定の安全基準などを満たしている証になります。

②リコール品でないか確認する

 リコール品とは、なんらかの欠陥・不具合・事故の発生などにより安全上の問題が生じる可能性がある製品、または安全に使用するための予防的措置が必要な製品のことを指し、事業者が回収、修理を行うものです。

 リコール情報は経済産業省のページで確認できます。経産省のページに赤字で記載されている製品は重大製品事故を契機としたリコール製品ですので、既に購入している製品が該当していないか確認をすると良いでしょう。

③信頼できるメーカーであることを確認する

 家電量販店で販売されているモバイルバッテリーに関しては、きちんと精査をして仕入れをしているはずですので、危険性は低いと思います。しかし、安いといった理由などでネットで購入した場合は注意が必要かもしれません。

モバイルバッテリー ネットで販売されているモバイルバッテリーには、聞いたことのないメーカーのものも多く、国内だけでなく海外製も多く販売されています。

 中には、PSEマークを取得していないのに取得しているように表記し、安価に販売しているものも存在します。ネット上ではPSEを取得しているかどうかの判別方法がないため、リスクがあります。国内製だから安全、海外製だから危険というわけではありませんが、多少値段が高くとも信頼できるメーカーの商品を購入することが非常に大切です。

 ちなみにPanasonicやSONYのような大手以外で信頼していいメーカーとしては、Anker、AUKEY、cheero、BUFFALOなどといったメーカーですね。

次のページ 
なぜ発煙するのか? 使い方の注意点

1
2





おすすめ記事