カーライフ

トヨタの新型『頭文字C』の実力はどうなのか?

 心臓はハイブリッドになり、現代化いたしましたが、見た目や室内は、まさに宮内庁御用達。この不動の姿勢が、全国民のココロを打ちます。今回の3Cのなかでも、圧倒的な存在感を放っておりました。
トヨタ3C

<CENTURY>21年ぶりの新型は3代目。国産車唯一のV12エンジンから5リッターハイブリッドになったのは残念です。1960万円

トヨタ3C 世のなか、なにをやっても若返りがムリなものはございます。そういうときは、センチュリーのように我が道をいけば、道はおのずと開けるのですね。平伏。 【結論】 新型センチュリーには、フェラーリやランボルギーニのオーナーも、強烈に反応しております。伝統は強し。大トヨタ様は、ユーザーの高齢化を恐れず、それを誇りとして生かす道を模索していただきとうございます。1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事