スポーツ

実力伯仲のエリザベス女王杯――熾烈な女の戦いを気鋭の競馬ブロガーがズバリ予想

「3歳牝馬vs古馬牝馬」

 この両者が初めて相まみえる大一番となるエリザベス女王杯。果たして今年の軍配はどちらに上がるのか? 気鋭の競馬ブロガー・TARO氏が、熾烈な女の戦いを読み解く!

競馬ブロガー・TARO氏

競馬ブロガー・TARO氏

TARO氏イチオシの女王候補は、今年急上昇のあの4歳馬!


 3歳牝馬は人間に例えるなら女子大生くらいか。まだ社会には出ていないがまさに成長期、日を追うごとに力をつけてくる。まして、馬の成長は早く、人間の4倍とも5倍ともいわれる。たった1~2カ月でもグンと力をつけて、4歳以上の古馬牝馬を逆転するケースは珍しくない。

 一方、4歳牝馬は人間で言えば気力体力が充実した20代半ば~後半あたり。実績も経験も積み、まさに女盛りといったところだろう。

 過去10年の傾向を見ても、3歳牝馬が4勝、4歳牝馬が4勝、そして5歳以上のベテラン牝馬が2勝と、互角の戦いが繰り広げられている。

 ただし、今年は3歳牝馬路線で圧倒的な力を見せた三冠馬・アーモンドアイが2週間後のジャパンカップへと向かった。世代どころか性別の枠も超えて、国内最強の座を射止めるレースを選んだのだ。

 というわけで、今年のレースは主役不在の感が否めないが、3歳馬の頑張り次第では、2週間後のアーモンドアイの走りに大きな期待が持てる。その意味でも、やはり世代闘争に注目してみたい。

3歳牝馬は少数精鋭


 さて、まずは若き3歳馬だが、今年はたった2頭ということで数としては少々寂しい。過去10年で見ても、最少タイの記録だ。しかし、その2頭がいずれも強力!

 秋華賞で3着に好走したカンタービレは、もともとは逃げ先行で結果を出して来た馬。ところが、前走の秋華賞では一転、差す競馬で好走した。この自在性は、多頭数の競馬において大きな武器となる。鞍上はお馴染みデムーロの弟、クリスチャン・デムーロというのも頼もしい。

 そして、もう一頭のノームコアは、実績こそ劣るが未知の魅力に溢れている。秋華賞の前哨戦である紫苑Sを圧勝したものの、本番は回避。今回は万全を期しての出走となる。鞍上は、現在4週連続でGⅠ級レースを制しているルメール。もともと牝馬に強い騎手でもあり、今週もさらに記録を伸ばすことができるだろうか?

次のページ 
古馬勢はどうか

1
2





おすすめ記事