ライフ

ファミマってチキン商品がやたら多くない?その真相を探ってみた

コンビニのチキン商戦は今年も白熱!

 そんなコンビニのチキン商品だが、いつ頃からあるのか? 「コンビニの元祖ブランド・チキンは、ローソンの“からあげクン”で1986年発売でファミチキは2006年生まれですが『コンビニ発の骨なしフライドチキン』ということで、骨アリのケンタッキーフライドチキンと住み分けができ、スパイシーさと『骨がなくて食べやすい』と新たなフライドチキンファンの掘り起こしに成功しました」

 ニーズに合わせて各チェーンでチキン商品が展開されているが、1年中同じペースでチキンが売られているのか、あるいは「チキンシーズン」なるものはあるのだろうか? 「現在、クリスマスのチキン戦争はコンビニの冬の風物詩となっています。ファミマのファミチキ、ローソンのLチキ、セブンのななチキと3社そろっています。ファミチキは一番スパイシーかも。万人向けのマイルド&スパイシーはセブンのななチキですね。ローソンはフレーバーの種類が多いのが特徴です。今年の新しい味も楽しみです」  では、今後のコンビニチキンは、どのような流れになっていくのだろう? 「チキンは子どもからシニアまで人気が高いので、毎年新商品が必ず出ています。おつまみ向け、おかず向け、地域限定ものなど、従来よりもバラエティー豊かになると思います」  ファミマ=チキンもとい、コンビニ=チキン。まだまだブームが終わる気配はなさそうだ。<取材・文/和久井香菜子> 【PROFILE】吉岡秀子 (Hideko Yoshioka) コンビニジャーナリスト。関西大学社会学部マスコミ学科卒業。フリーランス記者として活動するかたわら、2002年から日本人のライフスタイルに応じた「新しいモノ・サービス」を生み出す拠点としてコンビニ業界を徹底取材。現在、コンビニ専門家として執筆のほかメディア出演等も。近著に「セブン-イレブン金の法則」(朝日新書)がある。
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事