恋愛・結婚

「不倫相手に言うと訴えられる絶対禁句」後藤田議員は言っちゃった!?

 恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

『週刊文春』11月29日号が、女優の水野真紀の夫で衆議院議員の後藤田正純氏(49)が、不倫相手に結婚詐欺で訴えられたことをスクープしました。
 訴状によると、後藤田氏の「一生大事にするよ」という発言が結婚を想起させる――という女性の訴えがあったそうです(後藤田氏側は事実無根の訴えと否認)。事実はどうあれ、不倫中のこういった発言を信じると、当然ながらバカをみます。

プロポーズ 世の不倫ではよく耳にするし、女性が引っかかりやすいこのセリフ。発する男側心理とは、一体どのようなものなのでしょう。

「一生大事にする」の一生って?


 「一生大事にするよ」という言葉は、プロポーズのセリフとして一般的です。

「一生大事にするよ!なので結婚してください」というようなセリフで結婚した人も多いものです。だからこそ、女性はこの発言が出ると結婚を想像し、そして本気度を高め、結果どツボにハマります。

 でもこの“一生”って、不倫中の男性にとっては、どのくらいのイメージ感で語られる言葉なのでしょう。そのヒントを探るべく、ある不倫経験男性に話を聞くと、「それは気持ちが続く限り」という意味であると教えてくれました。

男性「気持ちが続く限り一生大事にする」というと情熱的に聞こえますが、これは裏を返せば「気持ちが離れたら即終わり」という刹那的な意味でもあります。

 後藤田議員の場合も、徐々にLINEが既読スルーとなったり電話に出なくなって関係が終了したらしいですが、不倫の「一生」とは、「気持ちが続く限り」という、かなり冷たくて無責任なセリフであるといえます。

次のページ 
なぜ女は“愚かなプロポーズもどき”を信じるのか

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事