エンタメ

昔、ニューヨークで一文無しになったときのこと/鴻上尚史

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

昔、ニューヨークで一文無しになったときのこと


 そんなわけで、サイフを盗まれ一文無しになったロンドンから無事に(?)戻ってきました。

 東京は暖かく、それだけで泣きそうでした。

 10月下旬のロンドンをなめていました。あまりに寒く、「なんで暖かい東京から、わざわざ寒いロンドンに来たんだろう」と自問していました。あっと言う間に風邪をひいたのが、結果的に集中力低下を招き、スリに気付かなかった原因なのです。

 人生でモノを盗まれたのは、これで2回目。2回とも、海外でした。

 一度目は、ニューヨーク。

 今回、「ロンドンでサイフを盗まれた!」とツイッターで騒いでいたら、何人かのフォロワーさんから「ニューヨークのマック事件以来ですね」という書き込みをもらいました。

 覚えてくれているんですね。ありがたいことです。

 はい。その昔、ニューヨークに一人旅をしました。

 昼飯を食べようと、タイムズ・スクエアにあるマクドナルドに入りました。

 ガラス越しに道路に面したカウンター席に座り、ビッグマックを食べていました。

 すると、道路側から男が一人、近づいてきました。男は、ニコニコしながらガラスをこんこんと叩いて、僕に何かを話しかけていました。

 ガラスを叩く手には、100ドル札が何枚も握られていました。

「なんだろう。なんでこの人は、僕に向かって話しかけてるんだろう」

 そう思って、しばらくその男の人を見つめました。

 何秒ぐらいでしょう。たぶん、10秒から20秒。ハッとして、椅子の横に置いていたバッグを見ました。

 ありませんでした。

 すぐに立ち上がって、周りを見ました。店内は混んでいて、たくさんの人がいました。

 でも、僕のバッグを持っている人は見つかりませんでした。

 ガラス越しに立っていた男もいなくなっていました。

 つまりは、連携プレーなのです。外で一人、ガラスをこんこんと叩いて注目させている間に、店内にいる仲間がサッとバッグを奪う。

 慌ててお店を飛び出しましたが、誰もいませんでした。

次のページ 
そういえば見られていたような

1
2

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録





おすすめ記事