エンタメ

鴻上尚史、ロンドンでスリに…一文無しになるもTwitterが繋ぐ輪で助けられた話

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ― ロンドン

ぐるんぐるんのロンドンでスリにあって一文無し地獄で仏事件

 いやあ、大変な目にあいました。ロンドンでサイフを盗まれて、いきなり一文無しになりました。人生、いろんなことが起こります。  東京で仕事を詰め込みすぎて、ロンドンで疲労のピークになり、風邪もひき、少しぼーっとしながら、ケンジントン駅を歩いてたんですね。  オイスターカードという、スイカみたいなカードをサイフから出して、改札をタッチして通りました。  数歩進んで、バッグのチャックが開いていることに気付きました。  リュック型のバッグで、半分だけ肩にかけていました。すぐに、バッグの中を見ると、サイフがないのです! どこを探してもないのです!  瞬間的に背中が寒くなりました。  サイフの中には、キャッシュカードとクレジットカード2枚、現金全部が入っていました。  それを一度に奪われました。  いきなり、僕はロンドンで一文無しになったのです。いやもう、脳がショートしましたね。  そんなバカなとか、スリの腕前凄すぎるだろとか、いろんな思いがぐるんぐるんしました。  正確には、両替したポンドを入れた封筒と、日本円とカードを入れた小さなサイフの二つを、バッグの中に入れていたのですが、スリは両方を見事に盗んでいったのです。  手持ちは、ポケットに入っている小銭とオイスターカードだけでした。  すぐに、ツイートしました。いやもう、どうしようと思ってね。  すると、『トッカン』などの作品で知られる小説家、高殿円さんが、「鴻上さん、私、すぐ近くにいるよ!」と返信をくれました。  その昔、『トッカン』を2時間TVドラマにする企画があって、僕がシナリオを担当していたのです。  自分以外の作品では、初めてシナリオ化しました。なおかつ、シナリオは書き上げたのに、大人の事情で作品にはなりませんでした。  と、いろんな意味で思い出深い高殿さんが助けてくれるというのです。
次のページ 
救世主はどこの部屋に!?
1
2
3
4
この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録





おすすめ記事