恋愛・結婚

低年収で結婚できない中年男たち。運良く結婚できたとしても…

 バブル崩壊後の’93~’05年の就職氷河期に社会に放り出され、その後のキャリア形成期にデフレとなり、給料が上がらないまま36~48歳の中年になったロスジェネ世代。就職、結婚、資産形成など人生におけるさまざまな局面で辛酸を舐め続けたロスジェネ中年たちは今、新たな問題に直面している。およそ2000万人いるといわれる、社会が生み出した「ロスジェネ中年」に救いはあるのか。そのリアルに迫る!

結婚

収入が乏しく3割が未婚。結婚できてもモラハラ化


 国のもくろみでは第3次ベービーブームをつくるはずだった“団塊ジュニア”のロスジェネ世代。しかし、その試算は大きく外れた。厚生労働省の「人口労働調査」では、彼らの未婚率は30%を超えている。

<男性未婚率の推移>
   35~39歳 40~44歳
1990年 19.1% 11.8%
2000年 26.2% 18.7%
2005年 31.2% 22.7%
2010年 35.6% 28.6%
2015年 35.0% 30.0%
※厚生労働省「人工労働調査」を基に編集部で作成

 この原因について、キャリア・カウンセラーの錦戸かおり氏はこう分析する。

「この世代も当たり前に恋愛して、本来は適齢期に結婚したかった、でも、できなかったんです。理由は就職してもデフレの影響で賃金が伸びなかっただけではなく、男女関係なく産み、育て、働くことを求められた。社会の要求が大きすぎて、自信が持てないのも頷けます」

 そしてロスジェネたちが結婚適齢期を迎えた“アラサー”の頃には、社会が混迷する事件が起きていたことも大きい。作家の雨宮処凛(あめみやかりん)氏は指摘する。

「’08年のリーマンショックです。これで失業し、結婚に至らず別れたカップルもいます。どうにか結婚し、出産しても、経済的かつ気持ちの余裕のなさから子供を虐待したケースを私は何件も見てきました。多少収入が低くても、実家の助けがあればまた違ってきますが、都心でお互い収入が低いカップルにとって、明るい結婚は想像できないでしょうね」

 また、雨宮氏は現代のロスジェネ中年たちが婚活をしようとしても、マッチングのすれ違いが起こっているとも指摘する。

「クビにならないよう、仕事にしがみつかなければならなかったロスジェネ世代は、婚期が遅れがち。35歳から婚活を始める人が増えますが、正直遅い。それに男性は家族モデルの憧れから20代の出産できる女性ばかりを求め、女性は自分の収入が低いことから安定性を求めます。30代後半で婚活をした友人男性は、年収を正直に300万円台と記入しただけで、女性全員に断られたそうです。婚活市場において、男性は年収で、女性は年齢でぶった切られています。お互い、求めているものが違いすぎて、ある意味生き残るために利用しようとしています」

次のページ 
結婚を勝ち取ったはずが家庭は崩壊に進むことも

1
2





おすすめ記事