マネー

YouTuberの次はネットラジオがくる!? 素人トークでも稼げるか

 来る消費増税を目前にして、安月給だけに身を預けるのはもはや自殺行為。副業が当たり前となった昨今、’19年の儲け方にも新潮流が見られるという。平成ラストイヤーに、今もっとも注目すべき副業種を紹介しよう。

spoon

spoon

おっさん配信者でも“イケボ”なら投げ銭やファンがつく

ネットラジオ配信

 配信といえばYouTubeやツイキャスといった動画配信が主流だが、顔出しはハードルが高い。そこで今、注目を集めているのがラジオ配信だ。ネットラジオ配信アプリ「spoon」で実際に配信を行っているこうにい氏に話を聞いた。

こうにい氏の配信

こうにい氏の配信

「シンプルに“声だけ”というのがラジオ配信の魅力です。リスナーは配信者の声や話す内容に集中できるため見た目がおじさんだろうと関係なく、自己ブランディングがしやすい。また、『spoon』は’18年4月にサービスを開始したばかりで発展途上なので競合相手も少なく、ユーザー間の空気も温かい。今のうちに始めるメリットは大きいと思います」

 本業を持つサラリーマンでも新規参入は可能なのだろうか。

「スマホから登録すればすぐにでも配信を始められます。リスナーは、まず声や話し方に惹かれてファンになってくれるので、声に自信さえあれば、話す内容を細かく考えなくても大丈夫。雑談系も好まれます。不定期配信でもファンさえつけば毎回聴きに来て投げ銭を送ってくれることもあります」

1P=4円

リスナーからもらえる投げ銭は1P=4円で換金可能。まずは小遣い稼ぎ感覚で気軽に配信を楽しむところから始めてみては

 具体的に投げ銭やギフト機能で、どのくらい稼げるのか。

僕の場合、1日おきペースの配信で、始めて1か月半で2万5000円の収益です。人気配信者になると、月に数十万円稼いでいる人もいる。稼ぐにはやはりファンの数が重要。いろんな配信部屋に入ってリスナーをフォローするのがファンを増やすコツです。さまざまな世代や業界のリスナーがいるため、意外なコネクションができることも。今後、アプリ規模が大きくなれば企業案件や広告収入導入が始まるはずなので、今から人気配信者を目指しましょう」

ネットラジオ― 儲かる副業BEST ―





おすすめ記事