エンタメ

ダウンタウン浜田雅功は怖くない!? 芸能人たちが泣いた“優しい人伝説”



恐怖政治から一転、リレーに挑んだ女芸人たちにエール


 ラストに取り上げるのは、2017年10月に放送の『リンカーン2017 秋 第10回 ~芸人大運動会~』(TBS系)でのワンシーンだ。この運動会は、お笑いタレントたちが浜田組と松本組に分かれて競い合う恒例企画で、浜田はメンバーを正座させたりメガホンで叩いたりといった“恐怖政治”でチームをまとめる傾向にあった。

 しかし最後の種目のリレーで、ゆりやんレトリィバァが相手ランナーに抜かされそうになると、浜田はトラックの内側を一緒に走りながら「気にすんな!」「いいよいいよ!」と激励。他の女性芸人に対しても転ばないように注意を促すなど、勝利だけにとらわれることのない、リーダーとしての資質を示してみせたのである。放送後、ネットには「優しすぎる」と浜田を称賛するコメントが続々と書き込まれていた。


 ――これらのエピソードを知って、浜田の印象は変わった方も多いのではないだろうか。ふとした瞬間に彼が優しい人に見えるのは、普段の芸風とのギャップも関係していそうだが、誰かを想いやれるというのは決して当たり前のことではないはずだ。その気遣い能力こそ、浜田がお笑い界の大物たるゆえんなのかもしれない。<文/A4studio>

1
2
3





おすすめ記事