デジタル

おじさんが知っておくべきLINEの小技。余計なひと言を消す、誤爆を避ける…



知っておきたいバックアップや引き継ぎ方法


 時々、Facebookの投稿やメールで「LINEの情報を喪失してしまったので、申請よろしく」のような連絡を見かけることがある。デジタルリテラシーのなさを上から目線で告知するのはちょっといかがなものか。デジタルデータのバックアップや引き継ぎはきちんと行おう。

 まず、トークをバックアップしておく必要がある。「設定」から「トーク」→「トークのバックアップ」を開き、iPhoneであればiCloudに、AndroidであればGoogleドライブにバックアップする。

 引き継ぐ際は、旧端末のアカウントで電話番号やメールアドレス、パスワードをきちんと登録しておくこと。その上で、「アカウント引き継ぎ」から画面の指示に従って引き継げばいい。

トークの履歴をクラウドに保存しておくと安心だ

機種変更などで引き継ぐ際は、アカウント情報を確認して「アカウント引き継ぎ」から操作する

当人同士のトークだからといって羽目を外すべからず!


 最後に、アドバイスだが、LINEのトークは当人同士しか見られないが、画面キャプチャーを取られてしまえば、画像としていくらでも公開できるようになる。筆者はいろいろな相談を受けるのだが、一発アウトのパワハラやらセクハラのトーク画面を見せられることがある。くれぐれも、羽目を外さないように注意して欲しい。

 以上が、おじさんでも覚えておきたい最低限のLINEの使い方となる。キホンを押さえて、円滑なコミュニケーションを取っていただきたい。

お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中
1
2
3





おすすめ記事