エンタメ

こんな福山雅治見たことない! 変顔&激走の中年が奇跡を起こすドラマ『集団左遷!!』

 45歳でリストラのターゲットにされるなど、昨今のサラリーマンを取り巻く状況は厳しくなる一方だ。上と下に挟まれ、組織の論理に翻弄され、にっちもさっちも行かなくなっている中年サラリーマン諸氏にオススメしたいのが、現在放送中の福山雅治主演ドラマ『集団左遷!!』(TBS系 日曜21:00~)である。

「頑張らなくていい」と言われたらどうする?


集団左遷

日曜劇場『集団左遷!!』公式サイト

 原作は江波戸哲夫。メガバンク・三友銀行蒲田支店の支店長に任命された片岡洋(福山雅治)は、常務の横山輝生(三上博史)から「頑張らなくていい」と釘を刺される。なぜなら彼の支店は廃店と全従業員のリストラが決まっているからだ。

 しかし、必死に頑張る部下たちの姿を目の当たりにした片岡は、横山の前で土下座をし「半年で100億円」というノルマを達成した暁には廃店を撤回してほしいと嘆願する。果たして奇跡の大逆転なるか? 片岡たちの下克上が今、始まる……というのがストーリー。

 だが、そんな片岡たちに「組織」は容赦なく襲いかかっていく。これから先、どんな厳しい試練が立ちふさがるのか。それを彼らがどう乗り越えていくのか。さまざまな人間のさまざまな思惑がうごめく中、悩み迷いながらも前に進む主人公。日曜劇場らしい集団群集劇による珠玉のヒューマンドラマとして、見ごたえは十分だ。

 SPA!の年末年始恒例企画「男が選ぶ好きな男・嫌いな男」において6年連続で「好きな男」1位に輝き、見事殿堂入りを果たした福山だが、本作では“モテ”をかなぐり捨て、ひたすらオーバーアクションに「走り」「怒鳴り」「驚き」「笑い」「怒り」「泣く」。見ているうちに、福山の百面相が次第にクセになってきて、ついつい応援したくなる。

次のページ 
あきらめない男が起こす奇跡とは

1
2





おすすめ記事