エンタメ

宇垣美里アナのコスプレに絶賛の声…女子アナたちの悶絶コスプレ列伝

 2019年3月に務めていたTBSを退社してフリーアナウンサーになった宇垣美里。ダウナーな表情でブレることのない芯の通ったコメントを放つ姿や、その美貌で爆発的な人気を博している彼女だが、今ネットを騒がせているのがその美しいコスプレ姿だ。
宇垣美里アナKATE

黒の魔女のコスプレをした宇垣美里アナ(KATEリリースより)

 5月11日に開催されたコスプレイベント「Ultra acosta@池袋サンシャインシティ」に登場した宇垣は、カネボウ化粧品のコスメブランド「KATE」のオリジナルキャラクター“黒の魔女”に扮したコスプレを披露し、その完成度の高さが大きな話題を呼んだ。  そこで今回は、宇垣アナのようにコスプレを披露した経験を持つ女子アナたちを紹介したい。キュートなものから思わず笑ってしまうコスプレまで、女子アナたちのコスプレヒストリーをご覧いただこう。

加藤綾子:ハロウィンイベントで“雪の女王”に大変身

 “カトパン”の愛称で知られ、バラエティ番組を中心に絶大な人気を誇る、元フジテレビのアナウンサー・加藤綾子もコスプレを披露したことがある女子アナの一人だ。

 加藤がコスプレを披露したのはフジテレビ時代でのこと。メインキャスターを務めていた『めざましテレビ』(フジテレビ系)が主催するハロウィンイベント「めざましテレビ presents T-SPOOK」で、2014年にディズニー映画『アナと雪の女王』のキャラクター“エルサ”のコスプレにチャレンジしたのだ。  同イベントはその翌年の2015年にも開催され、加藤はそこでもコスプレに再挑戦している。そのとき披露したのはキュートな魔女のコスプレで、箒を片手に微笑むその愛らしさに、多くの賞賛の声が挙ったという。

堤礼実:美人女子アナがキュートな“猫娘”に!

 2016年にフジテレビに入社したフレッシュな女子アナウンサー・堤礼実もコスプレに挑戦した過去がある。一見するとアイドルのようなキュートなルックスと、プロ顔負けの歌唱力も人気で、フジテレビの女子アナウンサーで結成した「お台場ワンガン娘’18」というグループでは、メインボーカルを務めたこともある。

 入社してすぐ人気の競馬中継番組『みんなのKEIBA』のMCに大抜擢されるなど、今後の躍進が期待されるアナウンサーだが、彼女がコスプレを披露したのは、同局の人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のゲームアプリ発表でのことだ。  2018年からスタートのアニメ第6シリーズでは、レギュラーキャラクターの猫娘がキュートにリデザインされたことが話題を呼んだが、そんなアニメから飛び出してきたような堤の美麗なコスプレ姿は、大きな反響を呼んだ。

八木菜緒:BS11の女子アナは、趣味がコスプレ

 テレビ愛媛や文化放送を経て、現在は日本BS放送に在籍、BS11でアニメ番組のレポーターを務めている八木菜緒も、コスプレを披露したことのある女子アナの一人だ。しかし、彼女の場合その熱の入りようが他の女子アナの比ではないのだ。

 八木アナ、元々趣味がコスプレなのだそうで、そこにかける情熱は相当なものがある。2015年に「福井謙二 グッモニ」という文化放送のラジオにおいて、人気ゲーム『刀剣乱舞』のキャラクター・三日月宗近の超本格的な男装コスプレ姿で出演した。  ラジオという姿が見えない媒体にも関わらず、一般的に作成に10ヶ月かかると言われる、平安貴族が着た“狩衣”を手作りで再現した衣装を披露した。すべての予定をキャンセルし、睡眠時間すら削って作ったほどの熱の入れようだったとか。
次のページ 
番組の罰ゲームでコスプレ披露も
1
2





おすすめ記事