エンタメ

在日韓国人が“韓流ワル”を批判

 来日18年目になるチさん(仮名・51歳)は、東京に事務所を構える韓流映像関連企業の社長。“ヨン様バブル”で一時は事業を拡大したものの、現在は資金繰りに苦しみ青息吐息だと苦渋の表情で告白する。

「K-POPを中心とした現在の韓流ブームの波に乗れなかったのが大きい。ビジネスが巨大化した今、本当にボロ儲けしているのは、日本に来たばかりの韓国人と、日本の大資本。特に“義”の心がないニューカマーのヤツらは、日本を舐めくさってますよ!」

 チさんによると現在、韓流ブームの恩恵にあずかっている一部の韓国人は、日本で長くビジネスをしようという長期的なプランが欠如しているという。日本人から搾り取れるだけ搾ったら、本国に帰ればいいという考えなのだ。

「我々は地道に異国で頑張ってきたという自負があるけど、ニューカマーの連中は郷に入っても従う気がゼロ! それどころか、脱税はする、ゴミは撒き散らかす、女は食い荒らす、労働ビザは取らない、違法コピー商品を売りつける……もうやりたい放題じゃないですか! 同じ韓国人として恥ずかしい限りです。これではアンチ韓流デモが起こるのも不思議ではない」

「韓流利権」に食い込めなかったひがみなのか……?と思いきや、同様の意見が長く日本に住む在日韓国・朝鮮人の間から上がっているのも事実。同胞の間でも、荒稼ぎするニューカマーのやり方に疑問を呈す声は大きいのだ。

「イベント系のコンサートチケットも日本では当たり前のように1万円を超えているけど、本国ならタダですよ。“新大久保発のK-POPアイドル”なんて、あんなの韓国では誰も知らない。焼き肉屋や喫茶店で働くただのバイトの兄ちゃんなんだから(失笑)」

 映像ビジネスで食い詰めたチさんは、飲食業への参入も考えた。だがそれも、新大久保の法外な契約金と家賃で頓挫したという。ここでも仲介マージンを抜いているのはニューカマーだという。

 結局、韓国人の敵は韓国人というわけか?

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【5】 ―




おすすめ記事