ライフ

五右衛門はゲーモン、不二子はマルゴー…イタリア・サンマリノでも大人気の『ルパン三世』コラボワインの味は?

気になるルパン三世ワインの価格は?

 今回のワインはすべて開栓しましたが、半分は翌日に飲んでいます。すべてヘタらずに、美味しくなっており、驚きました。サンマリノワインを飲むときは、デキャンタを用意したり、事前に抜栓しておくとさらに美味しく楽しめます。  気になる価格ですが、2本のスパークリングから、白2本、セピアラベルの「ヴィニ・ディ・サンジョヴェーゼ」まで、すべて5000~5250円(税抜)です。アニメキャラクターのコラボボトルだと、半分以上が権利関係に持っていかれそうなイメージですが、ルパン三世ワインに関してはそんなことはないようです。コストパフォーマンスは上々と言えるでしょう。

左から『ルパン三世』コラボの「ヴィニ・ディ・ビアンコ」「ヴィニ・ディ・ロッソ」「ヴィニ・ディ・サンジョヴェーゼ」

 最後に2本、高級ワインを開けました。これも半分ずつ、2日間にかけて飲みました。どちらもルパン三世50周年記念で出たもので、サンジョヴェーゼ主体の「LUPIN THE THIRD 50th Anniversary Limited editin riserva 2012(RISERVA2012)」と、カベルネとメルロー主体の「LUPIN THE THIRD 50th Anniversary Limited editin riserva 2009(FUJIKO RISERVA)」です。  どちらも色が濃く、濃厚な香りで、タンニンがしっかりしたフルボディ。ルパンラベルはスパイシーで、口にした瞬間「あ、これ高いヤツだ」とわかります。不二子ラベルも素晴らしく、イタリアよりフランスワインに近い印象を受けるほど、蠱惑的でした。こちらの価格は2万円(税抜)です。

2012年のルパンラベルですが、とても美味しく仕上がっていました

『ルパン三世』好きかつお酒好きなら、「SAMMARINESE」が手がける「LUPIN THE THIRD」シリーズ、ぜひオススメです。お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事