エンタメ

“かわいすぎる刺客”チャープラン・アーリークン(BNK48)はタイ難関大学卒の才女

 バンコクを拠点に活動するAKB48の姉妹グループ「BNK48」でキャプテン&センターを務めるチャープラン・アーリークン(23歳)。’18年の「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」では、39位にランクインするなど、日本でも知名度が急上昇中。このたび、映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』でヒロインに初挑戦、アイドル戦国時代の新たなスターとなれるか?
チャープラン・アーリークン

チャープラン・アーリークン「いつか秋葉原の劇場でも公演できたらいいな」

タイからの「かわいすぎる刺客」

 楽曲がYouTube上で約1億7000万再生を超え、タイでは国民的人気を誇る「BNK48」。そこで昨年の総選挙1位に輝きセンターの座を射止めたのが彼女。映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』では、演技初挑戦とは思えない熱演を見せているが、その裏では苦労もあったとか。 「昔から感情を表に出さないタイプだったので、泣いたり叫んだりする演技は難しかったです。演技のワークショップを3か月続けて、撮影時に住んでいた大学の寮でも毎晩練習していました。セリフをブツブツ言いながら泣く練習をしていたら、ルームメイトを怖がらせちゃいましたね(笑)」  タイで難関の国立大学を卒業した才媛で、グループでは長らくキャプテンを務める“完璧超人”だが、その素顔は弱さもある普通の女のコだ。 「遊園地の絶叫マシンが苦手で、特にアップダウンのあるジェットコースターが大嫌い。たまにテレビ番組の罰ゲームで乗ることもあるんですけど、正直乗りたくないのが本音です……」  現在は女優とアイドルの二刀流をこなす彼女だが、今後の目標は? 「撮影済みのドラマも控えていて、女優としては今後もいろんな役に挑戦したいです。アイドルとしては、タイで最大のステージ・ラジャマンガラ国立競技場でのコンサートが夢。いつかAKB48劇場でBNK48の出張公演もしたいな。日本のファンの方ともお会いできる日が来たら嬉しいです」  タイからやってきた“かわいすぎる刺客”が、日本のアイドルシーンを賑わせる日もそう遠くないかも!? 【チャープラン・アーリークン】 ’96年、タイ・バンコク生まれ。’16年にBNK48に加入してキャプテンを務める。昨年のBNK48総選挙では1位、48グループ全体の総選挙では39位にランクイン。森絵都の小説『カラフル』が原作の映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』では、主人公が恋に落ちる秀才の美少女パイを瑞々しく演じきった。10月5日より全国公開。アイドルになる前からコスプレ好きの彼女。「ゲーム『FF』シリーズが大好きなので、『FF7』がリメイクされたタイミングで、ぜひティファのコスプレをやってみたいです」 撮影/尾藤能暢 ヘアメイク/久保マリ子 取材・文/森ユースケ ※週刊SPA!10月1日発売号より
週刊SPA!10/8 号(10/1発売)

表紙の人/ 木村拓哉

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事