エンタメ

G1マイルチャンピオンシップは馬よりもジョッキーに注目すれば高配当を狙える!?

マイルCSのイチオシ穴馬

シリウスステークスでロードゴラッソに騎乗して見事一着を獲った藤岡佑介騎手。マイルCSではどのような騎乗を見せるのだろうか。写真/産経新聞社

 さて、そんな中で今回穴馬としてイチオシしたいのは、クリノガウディーだ。騎乗する藤岡佑介騎手は中堅の有望ジョッキーで、今回騎乗するクリノガウディーではないが、まさにガウディ建築のような美しい顔立ちが特徴だ。  騎乗技術も高く、エリザベス女王杯でもクロコスミアを2着に持ってきたように、積極的な競馬で穴をあけることが多い。今回騎乗するクリノガウディーとのコンビでは、昨年の朝日杯FSで9番人気ながら2着に突っ込んで来ている、いわば乗り慣れたコンビということもプラス材料か。  ここ2走はいずれも敗れているが、ともに不利を受けており、力負けとは言えない内容だった。恐らく全く人気はないだろうが、本命とは言わずも、相手の一頭、押さえの一頭には加えておいて損はない競馬予想ブログとしては屈指の人気を誇る『TAROの競馬』を主宰する気鋭の競馬予想家。最新の著書に『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(扶桑社)が発売中。
1
2
勝SPA!
万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

人気ブログ『TAROの競馬』を主宰する競馬予想家TARO氏の新刊は“万馬券の教科書"。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事