エンタメ

グラドル引退、その前にひと言「枕を断っても仕事は干されない」

 これまでグラビアタレントとして活動してきた石川蓮美さん(32歳)。イメージDVDなども発売され、一時は地上波の人気番組にも出演を果たした彼女だが、結局は売れなかった。 「もうやりきった感はある。今まで応援してくれたファンには感謝しているけど、グラビアを引退して東京を去ります」  今後はグラビアを引退し、東京を離れる決心をしたという。その裏側には、どんな思いがあるのか。
石川蓮美

グラビアを引退し、東京を去る石川蓮美さん(32歳)

 多くの女のコが芸能界を目指し、夢破れて消えていく今。蓮美さんもそんな一人かもしれない。東京で生活するなかで、悪い大人たちから騙されそうになったことも少なくないという彼女が、今だからこそ、伝えたいことは――。

デビューに向けてレッスン代20万円、得られた仕事は…

「幼い頃から、母子家庭で貧乏だったことが原因でいじめられてました。ずっと男子にからかわれていた。だから芸能人になって成功して稼ぎ、見返してやりたいと思っていました」  そんな蓮美さんが20歳の時に芸能界入りするチャンスが舞い込んできた。とはいえ、今思えば“痛い勉強代”だったと話す。 「モデル事務所にスカウトされたんだけど、『レッスンが必要』と言われて、その費用として20万円払いました。当時は芸能界の仕組みがわかっていなかったので、払わなきゃいけないもんなのかと思っちゃって。  それは“登録”という形で、正式な所属ではありませんでした。いわば研究生みたいな立場で、レッスンに半年ぐらいは通いました。でもいくらショーのオーディションを受けても実際に合格するのは“所属”の子ばかり。もはや、登録と所属の立場では結果は決まっていたようなもの。後から知った話ですが、所属の子たちってレッスンは受けても私のようにレッスン代は払っていなかったんです」  高額のレッスン代を搾取された挙げ句、得られた仕事はWeb広告のモデル1回のみ。しかもノーギャラ。レッスンの内容は主にウォーキングだったので「モデルの仕事にはまったく活かせなかったですね」と苦笑いする。  その後、事務所から離れた彼女は芸能界に憧れは残しつつも、何のアクションも起こせないまま時間だけが過ぎていった。
次のページ
セクハラやパワハラの被害に遭うことも
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事