お金

「サラリーマン番長」待望の続編が満を持して6号機で登場! その爆発力のカギは「共闘」

 今回の新台速報では待望の続編が登場。スロットなら「サラ番」、パチンコなら『シンフォギア』だ。人気機種の続編スペックに要注目! さらに「大工の源さん」最新台は前作の初代継承2回ループから今度はスピード感溢れるラッシュ時平均3.5秒の大当たりが待っている! さらには『GARO』の新台は短時間でも遊べるスペックで要チェックだ。
サラ番

押忍!サラリーマン番長2(大都技研)

押忍!サラリーマン番長2(大都技研)

猛烈サラリーマン最新作は共闘で絶頂が燃え上がる

 学生生活からサラリーマンに成長し、さらに漢気を燃やした轟金剛。衝撃の第1弾から実に6年、待望の続編「押忍!サラリーマン番長2」が登場だ。ライバルである鏡に負けじと6号機でも頂を目指す轟のホールデビューは、4月中旬が予定されている。 「押忍!サラリーマン番長2」のスペックは純増約3.0枚のAT機で、メインAT「頂RUSH」を軸に出玉を増やしていく。基本的な流れはこれまでのシリーズ機と同様にボーナスから頂RUSHを目指し、継続率を上乗せしつつ消化する番長ボーナスで最後まで継続すれば頂RUSH突入だ。もちろん赤7揃いより青7揃いのボーナスの方が期待度が高いという伝統は継承されており、また50G継続の「超番長ボーナス」なら頂RUSH確定かつ複数セットや上乗せの大チャンスに。  頂RUSHは上乗せ、ボーナス、上乗せ特化ゾーンを抽選しながら消化。残り差枚数が300枚に到達した場合には限界突破としてフリーズが発生し、「決算ボーナス」or「超頂決算ボーナス」に突入。さらに消化後は残り差枚数299枚からATが再開するため、早い段階で上乗せに成功すれば再度の限界突破も期待できるぞ。上乗せゾーンも「頂SRUSH」「頂XSRUSH」「絶頂RUSH」と豊富に用意され、漢気を燃やすような高い出玉感が期待できるはずだ。  初当たりは規定ゲーム数消化とレア役による抽選がメインで、ほかにもハンコベル揃いで獲得するハンコが10個貯まるハンコルーレットでは特典獲得のチャンスで、ボーナス直撃も!? またCZ「特命」では漢気目が成立すればボーナス濃厚に。演出で注目になるのは共闘で、いかなるタイミングでも共闘発生で大チャンス! お馴染みの次回予告も期待度大と、番長シリーズファンならずとも漢気が燃えること間違いなし。待ちに待った「押忍!サラリーマン番長2」で、いざ頂へ!
サンダーv

サンダーVライトニング(ユニバーサルエンターテインメント/製造・アクロス)

サンダーVライトニング(ユニバーサルエンターテインメント/製造・アクロス) (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

革新と伝統のゲーム性でノーマルタイプの新境地へ

 ノーマルタイプファンにとって特別なメーカーであるアクロス。同社の「A PROJECT」として登場する機種はどれも完成度が高く、打ち込めば打ち込むほど新たな面白さを発見できるというパチスロ本来の醍醐味に満ち溢れているのが特徴だ。その最新作として4月20日から導入が始まる「サンダーVライトニング」も、もちろんアクロスファンの期待を裏切らない出来栄えとなっているぞ。  6号機「A PROJECT」第2弾「サンダーVライトニング」は最大獲得枚数251枚のBIGと最大獲得枚数104枚のREG、2種類のボーナスを搭載。BIG中は予告音が発生したら中→右or右→中でベルをテンパイさせ、左リールに3連Vのビタ押し成功(1回だけ)で最大枚数を獲得。失敗しても何度でも挑戦でき、成功後は変則打ち時のベルテンパイラインで設定推測も可能(非テンパイなら高設定の可能性アップ)に。またREG中には予告音発生時に3連Vを狙うことで1枚役を回避と、技術介入でしっかりとした見返りが期待できるのだ。  もちろんアクロスらしくリーチ目は約3500通り、またサンダーVらしい消灯とフラッシュの絡みと新搭載のミニ液晶によってリール停止毎に期待度アップというゲーム性も進化継承。ノーマルタイプならではの出目演出をさらに楽しむことが可能になっている。  初心者に嬉しい進化継承として左、右と押してスイカが並んだ場合、左右両方ともリールが消灯していた場合のみスイカが成立しており、中リールにスイカを狙えばよい「目押し軽減」が盛り込まれているため、これまでアクロス系を敬遠していたファンも打ちやすくなった。  そして革新として、ボーナス後のBIG後は必ず、REG後は1枚役の成立回数で突入する30~100Gor次回ボーナスまで継続のRIZIN ZONEによる新たなゲーム性にも注目だ。RIZIN ZONEではレア役成立時に必ずパネルフラッシュが発生するという特徴があり、パネルフラッシュがない時はいきなり3連Vを狙えるというこれまでにはない打ち方が可能になるほか、パネルフラッシュが発生した場合にはレア役を狙ってハズれたら……と、新しい楽しみができるのがポイント。RIZIN ZONE中は第3停止ボタンから手を離した瞬間に告知ランプが点灯するため、通常時は奥深い出目の制御と演出で、RIZIN ZONEではシンプルな完全告知でと、異なるゲーム性が融合した「サンダーVライトニング」。革新と進化を遂げたノーマルタイプの新たな形で、無限大の楽しさを体感しよう!
次のページ 
これが私たちの「絶唱」だ!
1
2
3
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事