ライフ

「デブなのにおしゃれな人」になる方法。その大きなガタイを活かすには…

●おしゃれデブの条件2「色のバランスの考える!」

 体型にかかわらず、これもまたコーディネートする上では押さえておきたい重要なポイントが色のバランス。「柄×柄」「全身同色」「やたらにいろんな色を入れる」……これはファッション上級者か、よほど自分のキャラクターを熟知している方以外、一歩間違えると「なんだこいつ! センスないな」状態になってしまいますので気をつけたいところです。 「トップスの柄が派手ならパンツはシンプルに」「パンツの色が派手ならトップスをスッキリした色に」「全体的にシンプルであれば、アクセサリーやハットなどのアイテムや差し色でシューズを派手な色味に」など、緩急をつける色のバランスを考えてください。  具体的には… ・黒いシャツに黒のパンツだったら? →全身黒でもスニーカーだけは明るめの色を持ってくると、「ただのヤンキー」とは一味違った印象に ・全身派手目のコーデにしたければ? →サングラスや黒縁メガネを取り入れてメリハリをつくると、「ごちゃごちゃ感」が軽減 ・黒×グレーのようなシックな色味で合わせるときは? →ハーフパンツにして肌を見せたり、派手めな色のキャップをかぶったりし、モサついた印象を払拭
次のページ
サイズ感を重視する!
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠