ライフ

ニートになるなら東京か?山奥か? なるべく働かない生き方

――phaさんが、生活費が高くても東京に住む理由はなんですか。 pha:東京は人が集まるので、いろんな人に会えて、刺激が多い。あと、仮にどんなにうさんくさい人間であっても、人の中に埋没できるのが心地いいですね。 石井:田舎は人目が気になりますもんね。ただ、ここの場合は、限界集落でそもそも人がいないし、もとからいた集落の住民が5人でシェアハウス住民が15人なので、僕らのほうが多数派です。あと、集落の人の平均年齢は80歳なので、僕らのようなニートでも20~40代は労働力として重宝される。繁忙期は「梅取りを手伝って」などとバイトも頼まれます。こういうバイトは、同じ「働く」にしても「困っている人を手伝う」という感覚なので、苦になりませんね。
東京ニート×山奥ニート なるべく働かずに生きる[持続可能なニート]とは?

ニートは「モラトリアム」じゃない(石井あらた氏)

――シェアハウスで他人と共同生活を送るのは疲れませんか? pha:東京は人の入れ替わりが早いので、そうでもないです。同じ住人が半年いれば長いほうです。 石井:ニートのシェアハウスって、毎日ワイワイしているわけじゃないんですよ。各々の部屋があるのでそこに一日いてもいい。気が向けば共有スペースに集う感じです。 pha:そうそう。人間関係は結構希薄ですよ。そもそもニートになる人は「他人にうまくなじめない」「一人が好き」と言う人たちが多いんです。だから、ほどよい距離感が保てるのかもしれない。 石井:あと、山奥に家がある場合、他人と積極的に関わりたい人や悪意のある人は、わざわざ来ません。 pha:ここは最寄り駅から、車で2時間もかかるもんね(笑)。 石井:「山奥」という立地が、人間関係の一種のフィルターになっているように思います。
次のページ
ニートだって向上心や目標が必要だ
1
2
3
夜のこと

元”日本一有名なニート”・pha(ファ) 初の小説を執筆!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白