エンタメ

代代代、怪作『∅』を手に自粛期間に立ち向かう_コロナ禍のアーティストたち

歌いたい人と断活したい人と背を伸ばしたい人と料理をしたい人

――最後にこの秋以降にやってみたいことってあります? なむ子:……なにしよう? あっ、でもちょっと歌はがんばってみようと思っていて。このあいだからTwitterに歌ってみた動画を上げるって言ってるのに、今は上げる上げる詐欺みたいになってるから、2020年後半戦は歌いたいと思いますっ! 梨央:突然デカい声を出した!(笑) なむ子:ここで宣言したら、さすがに私もがんばるかな、と思って。 梨央:でもそれってやらなあかんことになるってことじゃないの? なむ子:大丈夫! 週1……。

丹南偲穂(なむ子)

一同:おーっ! なむ子:ウソ! 2週に1曲は上げますっ! ――だいぶん日和りましたね(笑)。 梨央:しかもそれすら守れなかったら、このインタビューをスクショしてなむに送るから(笑)。 ――かく言う梨央さんの2020年後半にやりたいことは? 梨央:背を伸ばしたいですっ! ――へっ!? 正直、もうオトナと呼んで差し支えのないお年ですよね? 梨央:でもハタチを超えてから1cm伸びたんですよ。今163cmだから、あと2cm。165cmになりたいんです。 宮衣:なんで165cmなん? 梨央:TWICEのモモが確か165cmだから。 ――推しと身長をおそろいにしたい? 梨央:せめて身長だけでも一緒になりたいんです。 ――いや、スゴいアルバムを作ったことだし、TWICEくらい売れましょうよ。 梨央:そりゃ売れたいけど、いきなりTWICEにはなれないと思うので、まずは165cmを目指します! ――ではがんばってくださいっ! 出雲さんのやりたいことは? 出雲:断活かなあ。ゴミを袋にまとめることはできるんですけど、ゴミ収集の時間までに出すのが難しくて……。 ――それ、目標は断活じゃなくて早起きですよね? 出雲:いや、これが複雑で、ゴミ袋に入れたまま部屋に放置しておくと、そのうち「やっぱりこれいるかも」ってなって捨てられなくなっちゃうんです。 ――なるほど(笑)。さわさんは今年の後半、やってみたいことってあります? 宮衣:普段全然やらないんですけど、梨央が料理しているのを見てると「あっ、いい女や」って感じがするから「私もいい女になりたいから料理ができたらなあ」とは思ってます。……絶対にやらない気はするけど。あと、今はとにかくライブ欲が強いから、ライブをやりたいですね。7月にようやく大阪でお客さんを入れたライブができて、8月には横浜と東京でもライブできたんですけど、新型コロナが騒がれる前に比べると全然少ないですから。 ――DJ後藤まりこさんとクリトリック・リスさんの9月のツーマンツアー「まりクリ東名阪 天国と地獄ツアー」の大阪公演のゲスト出演も新型コロナの影響で取りやめになっちゃいましたもんね。 宮衣:あれは後藤さんがTwitterでゲストを募集していたので、応募したらおふたりやライブハウスの店長さんたちが選んでくださって。前からライブやトークイベントに呼んでくれていた後藤さんとスギムさん(クリトリック・リス)が気にしてくれていたのが、ホントにうれしかったですね。私たちも後藤さんの曲が好きで聴いていたし、ライブも観ていたので。 梨央:確かに「おっ、後藤さんと代は両思い?」って感じであれはうれしかった(笑)。 ――先輩アーティストに愛されていることがわかったからこそ、ゲスト出演取りやめは悔やまれますね。誰が悪いわけでもないだけに。 宮衣:だから余計にライブ欲が溜まっちゃうんです。 ――そういえば、最初の話に戻るんですけど、代代代はなんで無観客配信ライブをやらないんですか? 宮衣:小倉さんのこだわり? カメラを通して観られるのとお客さんの目で直接観てもらうのは全然違うからかなあ。 なむ子:確かに私、どこ見ていいかわからんかも。 梨央:でも1回やってみたいな。『Mステ』(テレビ朝日系『ミュージックステーション』)みたいで楽しそうだし。 宮衣:7月の配信はお客さんを入れたライブだったからカメラは基本的に固定だったんだけど、無観客だとカメラマンさんも自由に動けるから、見せ方も変わると思うし。代代代はライブハウスで爆音で聴くから楽しいタイプのグループだとも思うんですけど、ちょっと気になってます。 梨央:最初に話したツイキャスもそうだし、無観客のライブ配信もそうなんですけど、代代代って実はまだやってないことがいっぱいあって。実はそれが財産や可能性にもなっている気もしているので、そういうことにたくさん挑戦して、今までとはまた違う形で曲や情報を発信していけたらいいな、と思ってます。 取材・文/成松哲 ##(プロフィール) ●代代代(だいだいだい) 大阪を拠点に活動するアイドルグループ。2016年9月に梨央、宮衣紗羽、丹南偲穂(たんなんしほ。当時たんなむ。)を中心に結成され、以来関西圏を中心に関東、東海などでもライブ活動を精力的に展開。音楽プロデューサー・小倉ヲージが手がけるブレイクコア、ハードコアテクノ由来の楽曲群で大きな話題を集める。また2017年には1st CD『伐伐伐』と2nd CD『戎戎戎』を、2018年には初のミニアルバム『戌戌戌』を発表。同年8月には大阪・梅田Shangri-Laで初のワンマンライブ『代代代代代代代』を開催し、10月には2ndミニアルバム『むだい』をリリースした。2019年冬には東京・渋谷Milkywayで東京での初ワンマンライブ『白い夜』を、大阪・OSAKA MUSEで大阪での2ndワンマン『黒い朝』を実施し、9月には大阪・味園ユニバースでキャリア最大規模のワンマンライブ『大代代代祭』を行った。同月には出雲なる、ヒメカノンの両名が加入し、現体制に。そして2019年末には所属レーベル・DEMON TAPESが、nuance、NaNoMoRaLらを擁するMINIMARING STUDIOと“徒党を組み”(経営統合し)、マネジメント体制を強化。2020年5月に初のフルアルバム『∅』を発表した。
1
2
3
4
##(アルバム情報)
『∅』
01. すべてが薄明の中で
02. やめさせろとめさせろ
03. 愛ね暗いね
04. 棺桶だらけかと思った
05. 細胞
06. 8 BIT GAG
07. ボロノイズ
08. OH HAPPY DIE
09. くちうつしうつくしゐ

##(Amazonリンク)
https://amzn.to/2ES3umK
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事