デジタル

『中山美穂のトキメキハイスクール』…芸能人ファミコンゲームのリメイク新作の可能性

『たけしの挑戦状』(1986年/タイトー)

『たけしの挑戦状』は1986年に発売された超個性派タイトル。あまりに謎が難しかったことから「クソゲー」とも「バカゲー」とも呼ばれました。
たけしの挑戦状

カラオケやパチンコも遊べるなど、画期的だった『たけしの挑戦状』

 タレントをキャラ化してゲームに乗せるのではなく、実際にビートたけしさんが話した奔放なアイデアをもとに作られたそうです。普通のサラリーマンが、ヤクザや時に警官をも敵に回して街中で暴力を振るう様子は、北野映画の原点ともささやかれています。ゲーム内容的には、『グランド・セフト・オート』『龍が如く』の先駆作という評価も。 『たけしの挑戦状』もリメイクや続編が望まれている1本。やはりたけしさんに新たなアイデアを出してもらって、制作するのがベストでしょう。画面はファミコンライクで懐かしさを残しつつ、北野映画のような狂気と人間味に満ちた大人のためのファミコン大作に期待します。めちゃくちゃな謎であっても、今ならゲーム実況で盛り上がること間違いなし!?  そのほか、ファミコンでの芸能人ゲームは、アイドル系では立花理佐さんの『リサの妖精伝説』、アイドルグループ「チャイルズ」の尿意を管理するゲームとして妙に話題となった『ラサール石井のチャイルズクエスト』、ジャニーズの「光GENJI」を冠にした『光GENJI ローラーパニック』。お笑い系では『所さんのまもるもせめるも』、『爆笑!スターものまね四天王』、子役系では『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』、文化人枠としては『舛添要一 朝までファミコン』、『ゴルビーのパイプライン大作戦』などがありました。
カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄

ファミっ子世代には懐かしい『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』

 ドット絵のファミコン風アクションやアドベンチャーは、ダウンロード配信を中心に現在でも新作がリリースされ、一定の人気を得ています。懐かしのファミコン芸能人ゲームもぜひ復活してほしいものです。 <文/卯月鮎>ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲーム紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。雑誌連載をまとめた著作『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)はゲーム実況の先駆けという声も
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事