エンタメ

<純烈物語>パンクバンドでベースを弾いた経験が後上翔太の音楽のレパートリーを増やした<第103回>

純烈_後上翔太

<第103回>パンクバンドでベースを経験した後上翔太。積み重ねで振り幅広い音楽のレパートリーに

 純烈の公式サイトに掲載されている各メンバーのプロフィル。“好きなアーティスト”の項目を見ると、後上翔太は「内山田洋とクール・ファイブ、Hi-STANDARD、スキマスイッチ」となっている。 「あれはデビュー前に書いたものなんですよ。ムード歌謡グループをやるなら、ムード歌謡グループを1組入れておいた方がいいだろうと内山田洋とクール・ファイブさんに“媚びた”という、純烈前夜の私の判断です。  ハイスタは高校の時にやっていたパンクバンドで先輩がカヴァーするとだいたい入っていて、洋楽っぽいなと思いながら聴いているうちに馴染んできました。でも、それより前……中3の頃にはすでに興味を持ってて、テレビに出ないのかなと思っていたら『何言ってんの、このバンドは解散しちゃったんだよ』と言われて。いいなと思った時には見たくても見られなくて、だからこそ自分の中で神格化されていったところがありましたね」

ハイスタを好きになってもすでに解散していた

 1991年に結成されたHi-STANDARDは2000年に活動休止するも、パンクロック好きがこぞってコピーした。後上の高校でも文化祭ではいくつかのバンドが演り、ハイスタのナンバーが奏でられるたびに一体感が生まれる。  それが気持ちよくて、後上は惹かれていった。ただ、活動休止中だったため追いかけたくても追いかけられない。2011年9月にロックフェス「AIR JAM」で復活し、横浜スタジアムに3万人を集めたもののすでに純烈がスタートしており、お金がなかったためいけずじまいに終わる。  スキマスイッチは、自分にしては珍しくバラード系でありながら刺さった。『奏(かなで)』『ボクノート』『アカツキの詩』『view』といった曲名がスラスラと出てくる。
次のページ
ギャル男時代にアガる音楽を聞きまくる
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事