恋愛・結婚

テレワーク中の彼氏が出してた“甘~い声”。恥ずかしい姿を見てしまった

 コロナ禍で営業時間の短縮やアルコール提供禁止など、いまだ飲食店や夜の街は集中砲火を浴び続けています。その中で今キャバクラ業界では、ZOOMやSNSのビデオ通話などを利用した“オンラインキャバクラ”という営業形態が密かに注目されているそう。気軽に自宅やどこからでも、キャストの女性たちと画面越しの会話が楽しめるとか。
キャバクラ

写真はイメージです(以下同じ)

 キャバクラ未経験者にとっては、オンラインキャバクラが一体どういうものなのか、想像するのも難しいはず。でも、ハマる人はハマるのです。  交際歴2年の折崎ちさとさん(仮名・31歳)は彼氏と同居して1年。リモートワークが増えて、なにかと自宅で過ごす時間が増えました。そして、彼の恥ずかしすぎる姿を目撃してしまうのです。

真面目に仕事をしているかと思いきや……

「彼とは部屋が別々で、仕事中は基本的に話しかけません。その日私は出社日だったんですが、午後から仕事を自宅に持ち帰っていいと言われたので、早めに帰宅して気分転換がてら夕食を作りはじめたんです。  すると、彼の部屋の方から『キャ~』とか『ウフフ』と、なにやら盛りあがっている声がしてきて。まあ、オンライン会議でもやっているのかなと思ったんです」  少し時間を置いて声が聞こえなくなった頃、彼にアイスコーヒーを差し入れようと部屋に行った折崎さん。すると、薄暗い部屋にはなぜかムーディーな照明が灯されていました。そして部屋の中には……パソコンの画面を食い入るように見つめる彼の姿が! 折崎さんが入ってきたことにもまったく気づいていません。

インパクト強すぎ! 猫なで声で甘える彼の姿が

「彼は、人ってこんなに鼻の下がのびるのか!? っていうくらい、ニヤニヤとだらしない顔で画面上の女性と会話していました。ほんと、別人ですよ。しかも聞いたことのないような猫なで声で女性の名前を呼んだり、画面越しにめちゃくちゃ甘えたりしてるんですよ。 『フルーツあ~んして♪』『お酒飲ませて~♪』『ええ~、口移しできないのお? ほら、もっと画面に近づいて』って……普段は硬派な感じなのに、まったく真逆。すぐに頭が追い付かないくらい強烈なインパクトでした」 課金する男 ちなみにこの“オンラインキャバクラ”、筆者調べの平均的な相場としては1セット30分~60分で3,000円~6,000円前後。そのほかに、指名料が1,000円。極端にオプションを付けなければ、これまでの対面式のキャバクラ店に比べてかなり破格の値段なので、そんな価格設定もウケてけっこうな人気なんだとか。追加の有料オプションでは時間延長やキャスト女性へのチップやドリンク代(キャストのドリンクは各自用意)など、“課金”する仕組みもあるそうです。  そんな“オンラインキャバクラ”に夢中な様子の彼氏さん。手には、普段飲まないウイスキーらしき液体が。しかし……
次のページ
「お酒飲めるフリ」をする必死な彼がイタすぎて
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事