エンタメ

「このあと、どうする?」セーラー服姿の吉崎綾と妄想デート【写真あり】

『週刊SPA!』の不定期の特集企画「妄想デート撮『このあと、どうする?』」。毎回、著名人に「理想の妄想デート」をテーマとした文章を書き下ろし、そのシチュエーションに合わせたグラビアを撮り下ろす本企画。  今回は作家の橋爪駿輝が書き下ろした「妄想デート」を吉崎綾が再現した。 【会員限定】⇒<グラビアの別カットも公開中! チェックはコチラから。登録は無料!>

同級生と久しぶりの再会。セーラー服姿で現れた彼女は、あの頃と変わらず僕を振り回す――

「なんか犬みたい」  よく、そう言って僕を笑っていた彼女が駅近のカフェに現れたとき、目を疑った。「なんでセーラー服……?」。自然と洩れた言葉に対して、彼女はむしろ責めるように反論する。 吉崎綾「だって高校の頃に戻った気持ちで会おうっていったじゃん」  いや。たしかに五、六年ぶりだからと、そんなやりとりLINEでしたけど。あくまで気持ちの話っていうかたとえっていうか。「じゃ。いこっか」。僕の困惑もお構いなし。彼女に急かされ今夜予約した居酒屋へ。案の定、店員に年齢確認されるも、素早く身分証を突き出し席に着く。  生ビールをジョッキでぐいぐい飲み干す彼女の喉仏。その上下運動が妙に艶めかしく、つい視線を逸らす。酒が進んでウーロンハイへと移行した彼女の瞳は少し濡れて見える。 「私、なんも変わってないでしょ」 「そんなことないよ」  高校の頃の彼女は煙草なんて吸ってなかったし、居酒屋へ行く途中にスカートからチラリと覗いた大人の下着も持ってなかった(はず)。 「ふーん」。彼女がおもむろに手を差し出す。なんだ? またも困惑しながらその上に手を置くと、 「キミはやっぱ、犬みたいだね」と、にやついている。  違う。あの頃の僕だと思うなよ。もういろいろ経験済みだ!という主張を込めて、僕は重なった手のひらをぎゅっと握った。彼女の瞳と視線が符合する。ああ。やっと気づいた。これは餌をいただく前の儀式だったのだ。なんて、今さら遅い。 「この後、あの頃できなかったことしよっか?」  頷く以外に選択肢はない。だって、僕は犬だから。  吉崎綾<会員限定で週刊SPA!9/21・28合併号に掲載されたグラビアを公開中! チェックはコチラから。登録は無料!> 【吉崎 綾】 ’96年、福岡県生まれ。T154B82W58H86。元ラストアイドルメンバーで、現在はモデル・タレントとして活躍。ツイッター「@YOSHIZAKI_AYA」、インスタグラム「yoshizaki_aya」 【橋爪駿輝】 ’91年、熊本県生まれ。フジテレビでドラマプロデューサーとして活躍する傍ら’17年に作家デビュー。’20年、YOASOBIの楽曲「ハルジオン」の原作として『それでも、ハッピーエンド』(ソニー)を書き下ろした 文/橋爪駿輝 撮影/桑島智輝 スタイリング/福田春美 ヘアメイク/Yoshi 撮影協力/HOTEL COLORFUL P&A
週刊SPA!9/21・28合併号(9/14発売)

表紙の人/ ムロツヨシ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事