ニュース

眞子さまと小室圭さんが3年ぶり再会!秋篠宮家に「どんなことがあっても自分が守る」

秋篠宮家に「覚悟を伝える」

小室圭さん 眞子さま

写真/日本雑誌協会代表取材

 秋篠宮ご夫妻、長女の眞子さま、小室圭さんが昨日朝、赤坂御用地で3年ぶりに再会した。アメリカ留学中に、友人たちから「サムライ」と呼ばれていた髪型も、横浜市の自宅に知人の美容師をお願いして短髪になった模様だ。小室さんは秋篠宮家に覚悟を伝えると周囲に話していたという。 「皇室の中で小室さんが会うことが許されたのは、眞子さまの両親である秋篠宮ご夫妻のみです。天皇皇后両陛下など、その他の皇室には挨拶をすることも許されませんでした。そのため、誠意を見せられるのはここしかないと感じていたそうです」(宮内庁関係者)  宮内庁も、小室さんが天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻に挨拶しないことについては、「秋篠宮家の判断ではないが詳細は差し控える」と口が重かったという。

帰国後は、外出する気配もない

 実際問題、結婚をする際に、相手方の両親やその家族に挨拶に行くのは世間一般常識ではごく当たり前のことだ。だが、今回は結婚式や伝統の儀式も行わず、異例ずくめの結婚だけに、宮内庁としては最低限の場しか設けることが出来なかった。小室さんにとっても、出来ることは秋篠宮家に誠意を伝えることしかないと考えたそうだ。 「日本でお世話になった人たちにお礼をしたい気持ちもあると思いますが、新型コロナの隔離期限が過ぎても、外出する気配はありません。警備をつけにくいのが理由との報道もありましたが、実際には秋篠宮家に挨拶する前には、誰にも会わないという彼なりのけじめなのです」(前同)
次のページ
金銭問題については「自分がすべて対応」
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠